読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

【M-1グランプリ2016】和牛とカミナリを戦わせてみたかった、あとラスボス「上沼恵美子」について

お笑い

M-1グランプリ2016面白かったですね。ただ正直やっぱり敗者復活戦の方が面白かった感も強かった印象です。何でしょうか、本戦にいても全然おかしくないコンビがたくさん敗者復活戦側に残ってたからですかね...。何にしても敗者復活戦を堂々と勝ち上がった和牛にはおめでとうを言いたいです。

 

和牛、決勝でもぶっちぎりで1位をとっていくと思ったんですが、銀シャリに持ってかれてしまいました。会場の沸き方やネタの構成考えても断然和牛だと思ったんですけどね、評価基準が審査員とは違ったようです。残念です。ただ松本人志が和牛にちゃんと入れてたので、やっぱり和牛だったようなと安心したっていうか、自分の気持ちを確かめるような感じでちょっと複雑でした。細かいネタが面白いのと、中盤にかけて面白くなっていき、最後に爆発的に笑いをとったというのはもっと評価されるべきだと思うんですよ。ネタの構成、笑いの総量、後半に向けて盛り上がるか、最後のオチでしっかり話が締まるか。そういった評価視点できちんと点数がつけられているのが、少し疑問な時が何度かあったと思います。

 

序盤ではカミナリがぶっちぎりで面白かったのですが、上沼恵美子先生によって見事にブロックされました。設定が話が進んで行くにつれてどんどん生きてきて、盛り上がりが凄かったのですが...。途中では上沼先生に好かれることがM-1グランプリを制するのではないかと心がざわついたぐらいです。今回審査員が5人ということもあって、一人一人の点数や選択が大きな影響を与える年になったわけですが、上沼先生の点数の開き方はかなり違和感があり、どういった評価基準を設けているのか疑問を持ちました。あとやっぱり後半に出てくるコンビの方が勝ち上がりやすくなるのはもう少し何とかしてあげたいですね...。時間かかるかもしれないですけど、決勝戦もグループ分けして細かく評価していくような仕組みの方が前半後半の点数の落差が減る気がします。

 

あと気になったコンビは、アキナと相席スタート。アキナ面白かったです。5歳が大人の世界をシュールに語るっていう設定が面白かった。ちょっと途中から「もう大人じゃん」っていうのがどうしても頭から離れなくて、5歳っていう設定が生きず盛り上がりに欠ける場面もあったんですけど、後半にネタやってたらわからなかったかもしれない。あと相席スタートは、すごくネタが練られててよかった。合コンと野球っていう組み合わせと、ダジャレだけで終わらない話の上手さに唸ってしまった。一言一言が面白くて、想像のちょっと上を行く話の持って生き方とトークが良かった。山崎ケイのエッチなネタが特徴的だったコンビだったけど、このM-1グランプリで完全に実力をみせてきたなーと思いました。

 

すみません、なんだかんだ楽しかったです。 

【M-1グランプリ2016敗者復活戦】東京ダイナマイト、和牛、メイプル超合金に投票しました

お笑い

(この感想は敗者復活戦投票結果公表前に書いています)

 

M-1グランプリ2016敗者復活戦を見ました。いやー何か本戦のメンバーよりも豪華じゃね?と思った人多いんじゃないでしょうか。何だか本戦のメンバーにあまり華がない感じがするんですよね、すごく失礼な話ですけども。

 

まあそんな話は置いていて、全体的な話をしますとすごく満足しました。楽しかったです。まず東京ダイナマイトですよ!東京ダイナマイト!もういい加減に決勝行って欲しい、ファンとしては決勝で輝いている彼らを見たくてしょうがないんですよ。観客もそう感じてる人いたんじゃないですかね、登場した時に一番場が盛り上がっていた気がします。

 

東京ダイナマイト、相変わらず肩の力が抜けた漫才しますよね。ほんとに。勝つ気ないんじゃないかっていう。前年の敗者復活戦の時もそうでしたけど、落ち着きすぎててちょっと不気味ですよ(笑)。巧妙に時事ネタをぶっこんでくるし、次郎ちゃんのツッコミの緩急がおもしろすぎてつい笑ってしまいます。あとウィルチャックウィルチャックソン好きだなお前ら。劇場のネタだろうが漫才だろうがいつでもぶっこんできやがって本当に。

 

あとメイプル超合金、お笑いのレベルを一つ上げて帰ってきたなって思いました。去年出てきた時はダークホース枠で観客の笑いをかっさらっていって。すごい破天荒なネタ構成だなと思わせておいて、実はシステマチックなストーリーの作り方をするコンビですよね。漫才があんな感じなので、面白い話が作れればそれを組み合わせてどれだけでもネタ作りができるっていうのも強みだと思う。今回も入りからすごく面白かった。カズレーザが一方的に喋った後に安藤なつに一言「笑いに変えろよ!」独特の笑いの起こし方だなって思った。

 

和牛は文句なしで面白かったですね。もう言葉に起こさなくていい気がする。見ればわかる。あと期待してたのは大自然。時間制限があると彼らはちょっと不利かな。漫才の導入で1分間くらいの小芝居があって、それがなかなか面白いんだけど、それをやると本編をやる時間が少なくなってしまう。今回は殺人事件のネタだったけど、途中で「お後がよろしいようで」状態になってしまった。面白いんだけどなあ。大自然の鉄板ネタ「AED」をやっても良かった気がするけど、やっぱり時間切れになるか...。スリムクラブと並んで決勝出ると面白いなあと思ったんですけど、どうなるかな。沖縄独特のリズムでM-1グランプリを混乱させて欲しいなって思います。

 

Aマッソとか、僕あんまり好きじゃなかったんだけど、やっぱり上がってくるだけあって実力あるなって思いました。言葉回しが巧みすぎる。いろいろ漫才みたけど、ちょっと予想の上を超えるネタをやってくれる。「さん付けやめろや!一学期か!」とかすごく今回好きだった。よく考えてるなー。

 

あとジャルジャル、何やってんねん笑

先生、あのね。

雑記

先生、あのね。僕もう二十代も後半に差し掛かるような年齢になったんですよ。早いですよね。もう十年ですか、ときが経つのはあっという間ですね。大人になるってどういうことなのかわからない、二十歳になるのが怖いですって言ってた若造がですよ、社会にある程度揉まれて完成されていくような歳になったんです。立派なもんじゃないです。後ろから有無を言わさず押し出されちゃって、あたふたしていたらあっという間に時間ばかり過ぎていて、蓋をしたくなるような思い出を積み上げてきました。そんな感覚って、50年生きててもおんなじなんですか?ある段階から生きることに関して俯瞰できるような感覚を身につけるんでしょうか、我々は。


先生は「子供を育て上げて初めて人間として完成される」とおっしゃってましたよね。あれってどういう意味だったんでしょうか。先生は多くを語らないので今でも僕はその意味を反芻するんですよ。苦労を積極的に買えということなのか、親としての自覚を持つことで得られるものがあるということなのか。そもそもですよ、僕親の自覚が育たないまま子育てに失敗してる人を何人も知ってますよ。子供がまっすぐ育つことに多くの努力と運が必要だとしたら、大人が成長するのも同じくらい大変だと言うことですかね。わかりませんけど、僕も近々子供をつくりたいと思ってましてね。不安ですけど、それ以上に僕を取り巻く環境が大きく変わっていくことに期待をしています。まあ、見守っていてください。あと先生、自分に子供がいないのによくそんなこと云えますよね。


先生が「あなたはとても素敵なものを持っているから、きっと人生がおくれるわよ」って言ってくれたこと、ずっと大切に心にしまってあるんです。待ち合わせに遅れてくる最愛の人のために、自分の隣の席をずっと空けておくような。幼い頃にできた数少ない友人が言ってくれた「引っ越してもまた会った時は仲良くしてね」という言葉を信じて、ずっと心の中に居場所を作っておくような。そんな感覚で長いこと宝物のように大事にとってありました。辛いことや楽しいことがある度に、頂いた言葉が膨らんだり縮んだり、励まされたり悔しかったり。ある種の言葉ってやつは、ずっと自分について回るのですね。僕もそんな言葉を人にかけられるようになりたいものです。


あのね、先生。久々に会いたいですよ。死んだ人であればその人の人生を丸ごと飲み込んで自問自答するしかないですけどね、先生は生きてるんですから。言葉だけじゃなくてね。一度連絡が欲しいですけど、何一つ手がかりがないので、インターネットの闇に語りかけることしかできないです。残念です。


先生、あのね...。

人はきっと何もかも忘れていく、それに救われる

雑記

ひっさびさに過去の自分の日記を読み返しているんですが、面白いですね。ブログをやってて一番面白い作業かもしれません。自分の日記を読むって昔から好きなんですよ。テキストサイト全盛期の頃の自分のブログとか、大学時代にどこにも書けずノートに書き殴った情熱のある文章とか。「本当に自分から生み出されたものなのか」思わず疑ってしまうような、そんな瞬間がいくつかあって、動揺や驚きや喜びを感じながら、じっくりウイスキーを味わうように読みます。至高の時間ですね。

 

「これは俺のようで俺じゃないな」と思ったりする。3日経てば人は考えが変わるっていうぐらいなので、いかに自分が変化しているのかがよくわかるわけです。言わば赤ちゃんの成長日記をもう少し具体的に記述したようなものが出来上がってる。思考のパターンとか、悩むポイントとか、少しずつ変わってて。またあるいは、「この時点で俺は大きく違う方向を向き始めたのだな」とわかる瞬間が記述してあったり。その憂いだとか喜びを拾っていく作業が何とも言えず良い。自分の抜け殻を眺め、突っついたり拾ったり踏みつけたくなったりする。

 

☆☆☆

 

読み進めていくと、新たな発見というよりも「忘れていたな」と思う頻度の方が多い。というか忘れすぎている。こんなに人って物事を忘れていくのだなと驚き、この無神経で構造的欠陥のある脳にいらつく反面、それに救われている自分も今存在していることを実感できる時もある。特に辛いことは、早く忘れてしまいたい。リアルすぎる過去の輪郭は、胸の内に長いことしまっておくといいことがないのかもしれない。机の中にしまっておいて、時々見返しては思い出すぐらいがちょうどいいのかもしれない。本当に必要なことだけ、覚えておけばいいのかもしれない。都合良く生きていけるように、少しずつ人は変わっていったのかもね。それは人の成長と呼ぶべきなのか、退化していると捉えるべきなのか、変化する方向を間違えたと言うべきなのか、判断が難しいところだけど。

 

あんなに衝撃的で辛かった思い出が、今では反芻し人生の教訓として受け止められるという事実。恐ろしいけど、逆にそこに救われる気もする。結局大抵のことは風化して忘れてしまうと思えば、もう少し今後の人生を楽に受け止められるような...諦めのような元気が湧いてくる。

 

だけど全部全部忘れてしまうのは怖いので、時々でいいから思い出せるように、そっと自分の中に居場所を準備しておくように、文章を残しておきたい。

2週間に1回美容院に行きたい

雑記 暮らし

タイトル見ると非常におしゃれ感が漂う感じになってますが、そういう話じゃないのでご安心ください。いや何かって言うとですね、「自分の髪型がベストな時期って非常に短い」ということに最近気づいたんですよ。

 

だいたい僕なんかは割と短髪でこざっぱりした髪型が好きなので結構美容院に行く度に髪をおもいっきり減らしているんですけど、1ヶ月もするとモサモサしてきて、ワックスの効力がまるでなく一生懸命立たせた髪がうなだれてしまうという按配。これが猛烈に悲しいわけです。

 

だいたい一週間ぐらいなんですよね、「ああいい感じだわ」と思えるの。結局美容院に行くのにそこそこお金もかかるので、月に1回と決めているのですが、そうすると残りの3週間を犠牲にしていることになります。なんだかストレスに感じる時期のほうが長いってのも悲しいですし、なんとかしたいです。

 

月1で美容院に行き、その間に1000円カットの店を挟むという話を聞いたことはあるのですが、1000円カットの店は人を指名できないので店員によって技術の差が激しく、とんでもない髪型になるという話をよく聞くので怖くていけません。仮にそうではないとしても、ドキドキしながら髪を切られるのは耐えられないし。

 

個人的に一番美容院にやってほしいのは「再来14日まで ◯◯%引き」みたいなサービスですね。例えば1ヶ月に5000円払って行っているとして、それがまあ二回行くから1万円になるっていうのだと財布事情的に厳しいけど、7000円とか8000円ぐらいに抑えられるのであれば十分検討したいと思うんですよね。

 

忙しい土日や混む時間帯に客単価が低い再来者が詰まると大変だと思うので、その辺は条件をつけてもらえばいいかなと思います。ただ、既に客入りの平準化ができているお店だとメリットはなさそうですけど。あと再来客が増えると働く人の負担が増えるので、値引きしすぎるとジリ貧になるかも...。

 

現状、比較的安くカットしてくれる美容院を探して、細かく通うのが一番良さそうですけど、慣れてる美容院を離れるのも辛いので難しいですね。ただ今のままだと日常的にストレスなので、早く結論出したいです。今通っているお店に相談してみて、ダメならオプションを削って値段を下げてみて毎月かかる費用を計算してみて、金額的にまだキツかったりオプションを削ることで感じられるストレスが大きければ他の美容院をあたってみようと考えてます。基本ヤドカリみたいな性格で一度決めた場所に長く居続けるタイプなんですが、満足できない場所にずっといるのも損だと思うので。