読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

「内村てらす」が俺の好きな番組じゃなくなっていく

 

お笑い番組が大好きな人ならチェックしているであろう番組「内村てらす」について今日はお話したいと思います。というかこの番組見てる人だったらみんな怒ってるんじゃないですかね?「あれ?番組の趣旨おかしくね?照らす方向がおかしくね?トレンディエンジェルの頭照らしてる場合じゃなくね?」って感じてると思うんですよ。今日はその気持ちをだらだらと書きたいと思います。

 

内村てらすといえば、日本テレビで深夜にやっているバラエティで、コンセプトは「内村光良」がもっと輝くべき芸人、もしくはあんまり知られていないけど面白い芸人をピックアップして、思いっきり掘り下げるという内容でした(でした!)。

cu.ntv.co.jp

 

これがまた素晴らしくいい番組で、主役芸人とその芸人をよく知るゲストが参加し、さらに主役芸人の原点を探るべく、小学校中学校時代の人柄や事務所に入るまでの経緯を掘り下げたり、芸人同士しか知らない裏事情なんかもかなり話してくれてもうお笑い好きな人なら嬉しくてしょうがない話ばっかり聞けたわけです。

 

芸人も最初はメジャーどころが多く出てましたけど、尼子インター、エル・カブキ、大自然、バッドナイス常田、スーパーニュウニュウ、だーりんず、サツマカワRPG、粗品、ガンバレルーヤ、大自然といった(多いな)、「売れてくれよクソ面白いし頼むから」みたいなやつを積極的に照らしてくれていて、大興奮でした。

 

またこの芸人達を見て思わず発する内村さんの一言がいちいち面白く、番組MCという位置付けではないんだけどうまく芸人達の会話のバランスを取りながらトークを展開していて素晴らしいわけです。ちゃんと芸人達のメイキングビデオの後に「なぜ芸人になったのか」「なぜコンビを組もうと思ったのか」「ピンになったきっかけは何か」「周りでつるんでいるこの意味不明な芸人は一体なんだ!」「どうやってネタを作ってるのか」「コンビの上下関係はあるのか(ネタを作る方が偉いみたいな風潮について)」

「相方と付き合っていて困ることとかある?」「芸名の由来は?」「芸人やめようと思ったことある?」「なんでいい大学出てるのにお笑いきちゃったの?」とか、もう本当にちゃんと芸人に向き合ってやってくれるので、超面白いんですよ。

 

ところが最近「内村てらす2」という新シーズンが始まり、番組の内容が大きく変わってしまったわけです。内容が今まで番組に出演した芸人を中心にロケをやる、と言う内容。あのさ...もう...違うんだよ!!!ただの売れてない芸人がやるロケを中心に置いたって面白くわけないだろ...第一この番組は内村さんのコメントがあってこそ面白かったんだぞ!!!って思っちゃう。

 

4/7に放送された回は「貧乏芸人と金持ち芸人の生活を入れかえる」という内容のロケで、もちろんロケ内容自体は面白かったんだけど、「これ内村てらすでやる必要ある?」という内容。貧乏芸人は金持ち芸人の家で悠々自適に暮らし、金持ち芸人は貧乏芸人のスケジュールに組み込まれて、アルバイトをしたり、子供の世話をしたり...というだけ。貧乏芸人や金持ち芸人の芸風や、普段どんなネタをやっているのかといったことについてはほぼ触れられず、ただ生活が入れ替わることだけで面白さを追求している内容だった。もうこれだったらやらなくてもいいじゃんという感じ。

 

さらに内村さんがコメントを入れる機会がほとんどなく、完全に傍観者の位置に。内村さんが芸人をトークで上手に掘り起こすという番組の趣旨から完全に外れ、ほとんどただ笑ってるだけ。本当にもったいない。

 

早く元の形に戻ってくれ...頼む!おなしゃす!!!アザーーーース!!!!(サツマカワRPG)

 

【営業マンが読むべき本】売上を伸ばしたい時や、仕事が辛くなった時に読む本【予材管理・質問型営業・初心者におすすめ】

 

僕がいわゆる「営業マン」という役割で仕事をするようになってからおおよそ2年が経つのですが、まだまだ未熟な自分を感じるばかりで、よく働いていて辛い気持ちになります。

 

常に毎月の売上目標に追われながら、懸命に働いている人は少なくないでしょう(営業で売上目標のない人がいたら、逆に興味深いですが)。仕事を受注し、案件を問題なく回し、納品をする。言葉にしてみると当たり前で簡単なことのように思えますが、やってみるとたくさんの壁にぶつかることの方が多いです。

 

そこで今回は悩める営業マンのために、僕が今まで読んだ中で「価値がある」「これは自分の営業の哲学にしたい」と思えた本だけをご紹介します。あなたの役に立つことを心から願っています。

 

1.絶対達成バイブル

2. 「いい質問」が人を動かす

短歌を作るのが楽しい

 

昨日大学の後輩とLINEをしていたら、「私、短歌を作るのにハマっているんです」と申すので、なるほどと話を聞いていたら妙に引き込まれてしまい、すっかり創作の喜びに虜になってしまっています。

 

短歌は「五・七・五・七・七」のリズムで、季語も必要がないので縛りが少なく、手軽に読めるので面白いです。また川柳や俳句と違って文字数が多いので、少しストーリー性を込めて見たり、情緒的なフレーズを多く入れられるので好きですね。最近世間で流行っているフレーズを入れて見たり、リズムの良い単語を並べてみたりと、遊び心がくすぐられてたまらないです。

 

単純に歌を作れと言われると難しいですが、「五・七・五・七・七」という制限があらかじめあるために、かえって創作が楽になっているという事実もまた面白いです。「人は制約があってはじめて創造性を発揮できる」というお話は、以前このブログでも書きました。

www.meg2.net

 

それでは、昨日5分くらいで作った短歌をご紹介しましょう。特に縛りをいれてないのに恋愛ものになってしまうとか、ロマンチストな性格がよく歌に出てると思います。恥ずかしいですね。

 

1作品目

君と僕 結ぶ縁なく 時過ぎて 戻れないかな 前前前世

 

2作品目

春先に 花粉とともに やってくる 涙なしでは 聞けぬ失恋

 

モチベーションを維持するには常に三大欲求を満たすことが重要

 

最近自分の勉強に対するモチベーションがずっと低下していることに悩んでた。「一日30分、英語のリスニングと単語力をつける」という目標すらまともに達成できないほど、集中力に欠け、自暴自棄な生活が続いていた。

 

僕は今社会人として営業というポジションにおり、それなりに一日のかなり長い時間を拘束されているわけだが、それでも夜の9時ぐらいには一息つけるぐらいの時間を捻出することはでき、勉学に励む時間を作ることは比較的容易だ。でも、その簡単なことが難しくなるほどモチベーションが著しく低下していることを自分自身で認識できるほどひどい状況が続いていた。

 

「毎日机の前に座り、勉強をする」というのは、僕がもう1年以上も習慣として続けられている活動であったのだけど、その習慣を武器にしても、時々勉強をすることが苦痛でしかなく、本を開くだけで拒否反応が出てしまい、英単語を数個聞いただけで本を閉じてしまうような日もあった。大半のことは習慣にしてしまうことで「好むと好まざるとに限らず実行することができる」というのが僕なりの哲学ではあったのだが、それが崩れていくことでまた新たな哲学が必要になってきたのだった。

 

それが今日は非常に高いモチベーションで勉学に臨むことができたので原因について考えたのだけど、結局のところ人の三大欲求を高いレベルで満たしてあげることによって「最低限達成されていて欲しい」段階から、より高い次元の欲求を満たしたいという段階へ引っ張り上げてやればいいのだと気づいた。

 

三大欲求というのは説明するまでもないけど、「食欲・睡眠欲・性欲」の3つだ。まず食欲についてだけど、これはもう良いものとか自分が好きなものを食べればすぐに満たされる。寿司やラーメン、肉を食べることでテンションが上がった。そして睡眠欲。いつも7時間程度の睡眠しか取ってないのだけど、今日は10時間取ったら活動したいという気持ちが高まった。そして性欲。妻のやんごとなき事情によって自分を慰める日々が続いていたのだけど、今日は二回抱いたところで僕の三大欲求は完全に満たされ、次の欲求の段階まで進んだ。つまりは知識欲だ。

 

全てが満たされた後はじっとして居られなくなり、外出して喫茶店に寄り、いつもの英語の勉強をした後にさらに新しく買った本をじっくり読むことができた。また自分の思考や行動を注意深く捉えることができるようになり、今日の発見があり、こうした文章を書くだけのエネルギーを作ることができた。

 

意識的に自分の欲求を満たすことをクリアしていけば、モチベーションを高く保つことができ、より高いレベルの欲求を持ったまま生活をすることができるかもしれないと強く感じた。そして自分の意識レベルが低いまま生活していることに気づいたら、それを打開する行動をすべきだということもわかった。

 

まあ、睡眠欲と食欲を満たすことは容易だけど、性欲はちょっと難しい。相手の都合もあるし。自分の努力では何ともならないところがあるのも、なかなか悩ましいところだ。でも、今日の気づきがあっただけでも毎日の生活が変わりそうだ。ちょっとわくわくする。

 

【会社の飲み会】相手の時間を拘束するなら食事代ぐらい気持ちよく出すべき

 

今働いている会社で所属している部署で毎月1回飲み会があるんだけど、勝手に会社のスケジュールアプリで予定を入れられるだけでなくて、自腹で毎回5000円くらい徴収されるので腹が立っていて、参加メンバー全員に「僕は一切不要だと思うんですよね、もう辞めませんかこういうの」と高らかに宣言し、もう行きたくねえ金払いたくねえという気持ちをしっかり伝えた。飲みの席が静かになったが、「普段言えないことが言える場を作りたい」という幹事の意図をしっかりと汲み取った行動であったと思う。

 

「部署内のコミュニケーションを円滑にしよう」「普段言えないようなことが言える場をつくろう」「時々こういう場を設定することに意義がある」こんな言葉を巧みに操り、時間とお金を拘束しようとするのは僕はおかしいと思う。部署内のコミュニケーションを円滑することは、仕事の中でできないのだろうか。普段言えないことがたくさん出てくるのは普段の仕事の仕方が間違っているのではないか。そんな気持ちがぐるぐると自分の中で巡り巡った結果、やはり言うべきことは言うべきなのだろうという結論になり、雰囲気を思いっきりぶち壊すことにはなったが間違ったことはしていないと思う。

 

僕は忘年会であるとか、新入社員の歓迎会であるとか、壮行会であるとか、プロジェクトの打ち上げをしようとか、そうした理由であったら喜んで飲み会に参加する。ただ、それ以外の飲み会で、強制力を発揮した謎の飲み会は不要だと思う。いきたい人だけでいけばいい。そしてどうしても腹を割って食事をしながら話がしたいと言うのであれば、気持ちよく食事代ぐらい出すべきだと思う。それが業務外に時間を割く人への心遣いだろう。

 

また、飲み会が人と人とのコミュニケーションを活性化するという側面は確かにあると僕は思うけど、ただ人を集めて飲み会を開催すればいいというわけではないと思う。少なくとも僕は強制的に集められた飲み会において参加メンバーと著しく関係性が強化されたと思えた機会はなかった。少し席を変えながらたくさんの人と話ができる工夫をするとか、堅苦しくない程度のテーマを設定して少し仕事の話をしてみようだとか、ちょっと頭を使う必要があると思うのだけど、それがなかったりする。ただ人を集めれば親睦が高まると思っている。

 

結局「飲みたい人が都合の良いように機会を設定している」と思われても仕方がないようなことをしている。実際そうだし。なので僕はこんな無駄な時間を割きたくないので、徹底的に異を唱えようと思ったのだ。僕の時間はあまりにも限られている。

 

 

(余談)

少しこの件について調べていたら、宮田さんも(一部)同じようなことを書かれてました。ご興味のある方はこちらもどうぞ。

www.goodbyebluethursday.com