めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」。最近投資系の記事は「http://www.toshi-meguri.net」で書いています。

実録!数学から逃げ続けたけど結局勉強することになった話

 

サインコサインタンジェント。わかりません。呪文ですか。動く点P、動かないでほしい。水溶液の濃度、計算したくない。こんな風に思いながら過ごしてきました。

 

珠算検定を持っているので単純な数字の計算は得意なんですが、公式を使った計算や割合を求めるような問題が死ぬほど苦手で、高校生の時に数学のテストで一桁点数を叩き出した時、僕は完全に数学から逃れることを決意しました。

 

「文系・理系」などという有難いやら分類の仕方が意味不明な制度により都合良く文系の道に進み、国語、英語、社会学を専攻することで何とか大学に受かり、無事に就職までたどり着いたのですが、その後の職業選択により、笑っちゃうんですが数学の壁にことごとくぶち当たることになりました。

 

僕は大学を卒業後、専門卒でもなければプログラミングの経験もないまま、無謀にもソフトウェアを受託開発する零細企業に就職しました。理由は、「何か自分でサービスを作ってみたい」という漠然とした動機と、IT業界が文系理系問わず人材を募集していたことでした。今だからわかることですが、プログラムを書くという行為は「プログラミング言語への理解力、国語力、論理性、情報の取捨選択と分類能力」を非常に問われ、あるレベルを超えてくると文系とか理系だとか、そういったことは関係のない世界なのです。

 

プログラミングは基本的にコードを上から順に読み上げる逐次実行、条件分岐(IF)、繰り返し実行の3パターンになり、あとは顧客の要求をどのようなデータ構造を使って満たすのか、どのタイミングでどういった処理をするのかといった要件を整理していくような仕事です。また複雑な計算や処理は誰かが作ったフレームワークを使うこともでき、「便利な世界だなあ」と思っていたのですが、仕事をしていくうちに結局数学の知識の欠如にぶち当たりました。

 

僕はとある店舗の来店顧客管理システムを作っていたのですが、客の待ち時間の集計をするプログラムを書く時に、いわゆる論理和と論理積と否定についての処理を書かなければいけなかったのですが、なにせ「数学を捨ててやったぜ」と思っていた若造であったのでコーディングに時間がかかってしまい、当時一緒に働いていた社長に「お前ド・モルガンの法則もしっかり理解できてないのかよ、大学出てるくせにバカだな」と言われ、非常に恥ずかしい思いをしました。なので、仕事をしながらこうした数学の勉強を平行して覚えないといけなくなり、非常に苦労しました。

 

ド・モルガンの法則について指摘されたことが一番印象深かったのですが、それ以外にも細々とこうした「数学を知らないことで起きる弊害」が少なからずあり、我ながら生き恥を晒しているような気分で仕事をしていました。

 

また現在は転職して3Dスキャナーや3Dプリンターを販売する仕事をしているんですが、3Dスキャナーを使った測定業務が増えてきたことで、営業職になったにも関わらずまた数学に翻弄される日々が始まりました。例えば「現地点から45度に10mの距離にある測定物が50度に移動した時に距離は何m変わるのか」みたいなことを計算する必要が出てきました。またですよ。「お前大学出てるのに三角関数も理解していないのかよ」と言われる日常がやってきました。なので僕は今測量士補という資格の勉強をしており、三角関数の基本から勉強をしています。

 

今は「必要だからやるしかない」という理由でしっかり勉強ができているんですが、学生の頃からこうした基本的な数学の知識があれば、もう少し恥ずかしい思いをせずにいきてこれたかもしれないです。また最初からもっと違う仕事についていたかもしれません。

 

「先生、数学をしっかり勉強しないとどうなるというのですか」「お前が数学を使わない仕事に就くだけさ」みたいな会話をどこかで耳にしたのですが、僕のように変なキャリアを積んでいくとあらゆるところで見て見ぬ振りをしてきたツケに追い回されます。

 

学校の勉強、本当に大事だったし、もっとやっておけばよかった。

 

でも、こうした仕事をすることで、勉強をする機会が得られてよかったと思うべきなのかも...。

 

 

家族が増えて考えが変わり、通勤時間を3倍にした話

 

僕は長いこと「通勤時間は短い方が良い、その方が生活の質が上がる」と考えてきました。その考え自体は全く間違いではなく、今でもその正しさを実感できるのですが、子供ができたことで自らの考えを改めることになったのでその話をしたいと思います。

 

僕は今会社まで自転車で15分、電車で20分で通える所に住んでいて、通勤のストレスもなく、非常に快適な生活を送っていました。車を持たず、電車と自転車を使い、必要なものはシェアし、必要な分だけ使うことを徹底し、自分がうまく立ち回れていることに少し誇りに思いながら暮らしてきました。なので逆に「通勤時間で何時間も使っている人は、時間がもったいなく感じないのだろうか?」と少し偉そうに思う気持ちも正直ありました。「通勤時間は人生の無駄」「その時間をもっと有効に使おう」という論調は今インターネット上でも度々展開され、それに同調する日々でした。

 

ところが、子供ができたことで、僕はその考え方を大きく変えざるを得なくなりました。僕の人生は僕だけのものではなくなり、守るべきものが増え、環境は大きく変わったのです。

 

まず僕は通勤時間を短くすることを優先したために、「エレベーター無し4F」という子育てをするにはあまりにも過酷な環境に住んでいました。妻はベビーカーを持って子供を抱えるわけにいかないので、出不精になってしまい、大きな迷惑をかけました。家賃を抑えるために築30年以上経った物件に住むことになったので、細かいトラブルも多く、ストレスを感じない日はありませんでした。また住んでいる地域の子供の保育料が高く、安い場所と比べると130%多く毎月の保険料を払うことになりました。

 

また車を持たない生活が好きでしたが、子供と出かける時に毎回電車移動というのは骨の折れる作業で、階段の上り下りの苦労や電車が混み合っている時の精神的な負担も大きく、さらに大きな買い物もできないので不便さを感じました。毎月2万円の月極駐車場を借り、車の購入費用と保険費用を支払うことは今の収入では厳しいため、考え方を大きく変える必要があると感じました。

 

そうした経緯があり、僕は今住んでいるところを離れ、いわゆる郊外に引越をすることに決めました。通勤時間は3倍になりましたが、子育て支援の手厚い場所に住めることになったのです。

 

子供の保育料が安くなり、年間のコストが十万円単位でお得になりました。また駐車場が4000円で借りられるようになったので、車を持つ選択肢が生まれ、さらに家賃が月に1万円以上安くなったので、生活のコストを大きく下げることができました。家から徒歩5分のところに、車を12時間借りても2525円(税込)のニコニコレンタカーがあるので、毎週1回借りても1万円程度。車にいつでも乗ることができるメリットは享受できませんが、コストだけ考えると随分安くすみます(年間12万円)。だから今は駐車場を借りずに家賃をさらに下げる選択をしています。すぐに駐車場を契約しないことでいざ車を持ちたいと思った時に場所を確保できないリスクもあるのですが、「住人が借りたいと申し出れば1ヶ月で場所を開けてもらえる」特約がついている場所にしたので、そうした選択も自由に。

 

給料がもりもり上がっていくような会社に勤められればよかったのですが、しぶいところに入ってしまったので、生活のコストを抑え、賢く生きるしかないと思ったのです。自分のキャリアと収入は常に上げていきたいとは思っていて、諦めてはいないんですけど、現状自分の勉強不足と努力不足で今の現状になっていると思っているので、上を見ながら一生懸命頑張って、その結果チャンスが生まれた時にはじめてまた自分の環境を変えればいい。そう思っています。

 

本当に、人は置かれた環境で変わっていくのだと感じた次第です。

 

A8.netのセルフバックでFPと面談したら思ってたんと違う!となった話

 

アフィリエイトをやったことがある人ならよくご存知のASPサービスですが、A8.netのセルフバック案件でファイナンシャルプランナー(以下FP)と面談をしました。

 

【A8.net】

 

アフィリエイトというのはそもそも商品紹介の仕事を商品の販売主から委託されるような形になり、ブロガーで言えば例えばこのサイトで商品を紹介して売上が上がるとその一部を報酬として受け取れる仕組みです。(超ざっくり言うと)

アフィリエイトとは? | 【アフィリエイトA8.net】日本最大級の広告数・サイト数のアフィリエイトサービス

 

本来FPは2級程度の人を招くと1回辺り5000円〜8000円程度かかりますが、ASPのセルフバックを使うことでタダで面談をできる上に1万円程度の報酬を受け取ることができます。これはまあ、FPが面談をすることで生命保険の見直しや新規加入があることを見越して設定されていて、特に新規制約に至ってはこの程度の手数料は目じゃないほど高額の報酬が保険会社からFPに支払われるのでお互いWINWINというわけです。こういう仕組みは賢く使っていく必要があります。

 

さてそんなわけでFPと面談をしたのですが、もちろん報酬目当ての冷やかしだったわけではありません。自分のライフプランを見直し、将来のリスクを見据え、必要な保険があれば加入しようと思っていました。そう、思っていたのですが面談をした結果「思ったんと違う!」となったのでその話をしたいと思います。(もちろん、いろんなかたちの面談があると思うので参考程度にしてくださいね)

 

FPとの面談予約が成立すると場所と時間を決定します。これは通常自分の自宅になります。喫茶店を指定することもできますが、ドリンク代は実費となりますし、まあ多少デリケートな話にもなるので自宅のほうがいいですよみたいな話になります。僕は結果的に自宅を指定しました。

 

また事前にある程度面談内容を決定できるのですが、まだ保険の加入経験がなかったので、「ざっくり保険について知りたい、但しFP3級程度の知識は持ってるので製品の特性ベースで話をしてほしい」と要望を出しました。「では、その内容で当日お伺いします」とFPから回答があり、当日を迎えました。

 

まず当日ですが、FPは予定していた時間よりも15分早く来ました。対家庭であれば訪問時間には非常に気をつけるようなイメージがありましたけど、そうでもないんですかね。洗い物の途中で面談をするはめになりました。

 

互いの自己紹介の後、まず始まったのは生命保険の説明でした。「基本的には保険には加入しなくて良いのであればそれに越したことはない」という僕のスタンスを表明すると、終身、養老保険の特徴と、掛け捨てタイプと積み立てタイプの違いについて簡単にFPが説明をはじめました。なんとなくですが、「すぐに加入するタイプではない」「そうであれば一般的な説明に留め、じっくり待とう」と判断されたような気がしました。

 

僕はFP3級の勉強をちょうどしていたので、「まず顧客の資産状況や家計の状況を客観的に判断し、また必要であれば顧客のライフプランニングについて考え、必要な情報(保険)を提供する」ということをまさにやってもらえると思ったのですが、そうではありませんでした。まず保険の話があり、ライフプランニングはその次という感じでした。

 

違和感があったので「ライフプランニングってしないんですか?」と僕は質問したのですが、それに対する回答は「してもいいけど、あまり意味がないと思ってる」でした。これにはかなり衝撃を受けました。

 

ライフプランニングで試算できるものは限定的でかつ、流動性が高いのであまり効果がないというのと、「FPとして、顧客の家計状況をプラスにもマイナスにもできるから」というのが理由のようでした。前者はまだ理解できましたが、後者は理解できませんでした。最終的には顧客の望むライフプランを重視するのか、それとも収支のバランスを整えるか判断する必要があるということだとは思うのですが、少し横暴な感じはしました。

 

僕が個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で老後に向けて備えていること、積み立てNISAやジュニアNISA、外国株式やETFで投資をしていることを伝えると、慣れている方ならこれかなと言ってドル建ての終身保険の資料一式をくれました。

 

少子高齢化と国民総生産が減少していく日本の「弱い円」を持ち続けるのではなく、アメリカの「強いドル」を持ちましょうよ、という言い方でした。円ドルは現在105円から109円辺りをうろついていますが、長期的に見ると円安になることは明確であるので、こうした保険商品を持つことは賢いという論調でした。

 

早期に僕が死ぬと1000万程度の保険金が入り、また積み立てをして60歳を迎えると満期金として積み立てた以上のドルを有利なレートで受け取れる...というのがFPが立てた道筋でした。但し積み立てがやむを得ない事情でできなくなり、解約返戻金という形でお金を引き出そうとするとほとんどの場合損をすることになります。その損をしないために、どのように積み立てをしていくのかについてはプランが必要だと僕は思ったのですが、FPはその点について言及しませんでした。

 

正直積み立てで60歳を迎えるまで引き出せないお金を作るのはiDeCoで十分だし、円ドルの話が真実であれば月1500円程度の掛け捨ての生命保険に入り、外貨は別に預金すればいいと思ってしまいました。そうすれば、外貨レートを見ながら積み立てができるのでリスクが減ります。まあただ、これは保険商品を売りたいFPからすれば除外したい選択肢なので説明がないのは仕方がない感じがしました。

 

というわけでほとんど聞きたいこともやってほしいこともなくなってしまったので、最後に「個人賠償責任保険」についての話を振ると「専門外だ」と言われてしまいました。まあ確かに個人賠償責任保険は本来他の保険の特約としてつけるタイプのものなので性質が異なるのと、生命保険を売りたい(FPは正確に言うとその性質上製品の説明をし「紹介」することしかできませんが)はずなのでちょっと分野が違うということですね。別の担当者を紹介するねと言われましたが、面談してから数日経っても連絡はありません。たぶん紹介したところでFPに利益はないからでしょう。

allabout.co.jp

 

FPの方で「いや自分だったらこういう論調で話を展開するよ!」という話があれば教えてほしいです。僕がFPの資格を取るにあたりイメージしていた姿とあまりにもかけ離れたものがやってきてしまったので、ちょっと動揺しています。

 

顧客のライフプランや収支を徹底的に分析して商品を売ってやるぜ!というタイプでもなく、顧客の話に傾聴し理解を示し、徹底的に関係性を作って「商品の良さではなく、個々人の付き合いにもっていき商品を売る」タイプでもない、僕が想像していたものと全然違うタイプの人間だったと思います。

 

とりあえず、もう一人二人話を聞いてから物事を考えようと思いました。

 

お金が上手に使えない病に拍車がかかった件

 

 朝こんなことを呟いていたわけなんですけれども。

 

ファイナンシャルプランナー3級の試験が来月末に迫っていて、本格的に腰を据えて勉強をしないといけないんですが、仕事もあり家のこともありで思うように学習が進んでいません。

 

というわけで朝5時に起きてコメダに行き、勉強することから一日が始まったわけですが、カフェオレを注文して勉強すること1時間半、ちょっと小腹が空いたところで悩むわけです。500円のクリームソーダを注文するかどうかを。

 

年収少ないマンですが、積み立てNISAを毎月満額やっても貯金ができるぐらいには余裕はあるわけですよ。でも頼めないんです。500円のクリームソーダが!

 

自己投資や金融商品を買うのは自分の中で心のハードルを下げることができているので割とお金を回せるんですが、この手の贅沢が本当にできない。なんでこんなに切り詰めているんだろう...?と思っても、答えがでない。

 

おそらく将来の漠然とした不安から来ているんだとは思うんだけど、じゃあそのリスクは一体何かと聞かれると答えられない。何かに備えているんだけど、その何かはずっとこない。そんな毎日。

 

そんなわけでライフプランニングして自分の小遣いの月予算を決めてみようと思っています。それぐらいやらないと気持ちよくお金が使えない気がするので。

 

正直、お金があったらあるだけ使える人がちょっと羨ましい。美味しそうなものとか、楽しそうな体験にお金をしっかり使える人の方が幸せなはず。この悪循環から、なんとか抜け出したい。

 

地獄の沙汰も金次第ならいいけど、現実は一銭も持っていけないわけだし。いつ、どこで、いくら使いたいのか。しっかり整理することで、楽になりたいと思う。

 

有給をとって一日子供を集中的に見て気づいたこと

 

今日有給を取ったんですが、妻が午前中に病院に行く予定があったのと、午後は寝不足を解消するために睡眠をとってもらったので、約1日子供を一人で見るような状態になりました。結構気づきがあったので、忘れずに書いておきたい。

 

僕は一日8時間もあれば、家の片付けは結構できると思ってたんだけど、子供を一人で見ているとそういうわけにもいかないってことがよくわかった。まず子供が起きていると構ってあげたいし、寝てると物音を立てずに行動をしなくちゃいけないので、スムーズに家事ができない。ミルクも1回で予定量を飲んでくれればいいけど、だいたいげっぷをさせないと最後まで飲めなかったりとか、ぐずったりもあるので、1時間くらいずっとミルクをあげ続けないといけないときもあった。

 

宅急便が来たときのベルの音で寝てた子供が起きちゃったときの絶望感とか、オムツも変えたしミルクもあげたのに泣き止まない子供に途方にくれるとか、天気が悪くてあまり干せないので進まない洗濯とか。そういうものと向き合いながら毎日子供を見ないといけない妻は大変だと思った。

 

基本的は、やっぱり子育ては二人体制でやれるのが一番いいんだろうなって思った。誰かが見てくれてないと子供は放置されてると気づいて泣くし、寝ていても寝返りで頭をどこにぶつけてないかとかうつ伏せで寝てしまって窒息してないかとか気になって仕方ないし、とにかく集中できない。一つ一つのタスクをしっかり消化していくことが難しい状況なので、とにかく誰かのサポートが必要だ。ただ二世帯で同居しているわけではないから、もうできないことを責めたり、できていないことについてとやかく言ってはならないと思った。

 

わりと子育てに関しては積極的に参加しているような心持ちでいたけど、結局長い時間一人で子供を見たり、それが数日続くような状態になったことがほとんどないので、もっと僕はそういうことを理解する必要があると思った。

 

有給やリフレッシュ休暇を使って、定期的に自分をそういう環境においてみて、少しでも妻の苦労を知って、僕は僕にできることをしないといけないと思った(協力する、みたいなスタンスではなく)

 

家に帰って来たときに、家事ができている状態であるということは、かまってあげたい子供に目をつぶって一生懸命やってくれた証であるとわかったのだ。