めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」。最近投資系の記事は「http://www.toshi-meguri.net」で書いています。

美容師を飼いたい

「なんか冷静な人っすよね、(精神の)障害あるのに」

 

と僕の行きつけの美容師(結構かわいい)は言った。月に1回しか髪を切らないので滅多に会わないんだけど、随分とこの美容師(結構かわいい、歳下)の子には助けられている気がする。

 

「なんで私を選んでくれたんですか」

 

最初はそんな会話から始まった。今思うとお見合いかな?と思うんだけど、たぶん無意識に客に聞いているんだね。まあ美容師も美容院も数多い中で、「なぜ?」を突き詰めることはとっても大事だと思うので、僕もそれに付き合う形になったわけだ。

 

「スタイリスト歴5年以上、アシスタント歴2年以上あったことかな。あとは容姿」

 

そう言うと彼女は爆笑していた。たぶん店じゃなかったら腹を抱えていたと思う。この子は随分とユニークな雰囲気を持っていて、ちょっと触れると破裂してしまいそうな底抜けの明るさを持ちつつ、まるで精神科の先生のような安定感を兼ね備えている。相反する素質を維持しているのはすごいと思う。

 

あとまあ、僕が一人暮らしが長くなっていたのもあると思うんだけど、付き合っている人はいるんですか?と彼女が質問してきた時はひどく驚いた。よっぽど所帯持ちに見えなかったらしい。いつまでもくすぶってそうな男に見えたのか、やんちゃな奴に見えたのかは今だに怖くて聞けない。まあ実際のところ僕は夫としての生活を一切していないのだし、大きく外しているわけじゃないもんな、と思った。

 

「まーあたし、寝ればだいたいのことは忘れちゃうんで」

 

と笑顔で言うのだけど、僕が言ったことは全部覚えている。僕が話をするまでもなく、離れ離れになっている妻と子供の話や、仕事の話を振ってくれる。仕事に復帰できなかったことを伝えたら、そーなんですねーと流してくれた。とても優しい子なんだと思う。

 

彼女は何と言うか、自分が置かれている状況を冷静に喋る僕がちょっと怖いようだ。

(まあ僕は今鬱気味だし、ひどく感傷的なのもあると思う)

 

精神を病んでいる奴は犯罪をしたり手首を切ったりするし、美容院にきてきちんと1ヶ月に1回髪の毛を整え、眉毛を剃っていかないと彼女はたぶん思っているのだろう。ある意味では正しく、また正しくはないのだけど、説明する義理もなかった。

 

僕が社会復帰できず、ただただ生かされていて、スーパーの野菜を見るだけで農家の人の働きぶりと流通の発達、品出しとパートのおばちゃんの苦労を回想して泣いてしまうと言ったら、考えすぎはだめですねえ、と僕の髪の毛を梳いて払ってくれた。

 

「あたしみたいな明るい人をたくさん集めれば大丈夫っすよ」

 

「がんばるわ...」

 

「ほらほら元気出して」

 

「とりあえず君を指名し続けるわ」

 

「怖っ」

 

僕は怖いようだ。

ひとりでいるということ

もう何ヶ月も望んでいない一人暮らしをしている。ひどく寂しい。

 

人間は適応性が高いので、それでも少しずつ、少しずつ、前向きになり、慣れて行く。でもそんな中で、その日常を軽く吹き飛ばす出来事が起こり、また不安定になっていく。

 

今日は階段下の棚を綺麗に整理していたら、子供がもう大きくなってしまって着れない服とか、帽子が出てきて、一気に自分の現状に自覚的になり、膨らんでいく孤独感を抑えきれなくなり、頭を抱えていた。

 

ひとりでいるということは、ひどく自由だ。何をしていても、何も言われない。でも、誰かが何かをしてくれることも一切ない。代わり映えのしない自分の部屋を見て、笑って見たり、孤独を感じてみたりする。繰り返しだ。

 

独り言は倍ぐらいに増えた気がする。大抵はため息だったり、謝罪だったり、怒りの言葉だったりする。頭から溢れた言葉が口から出て行くだけなんだけど、ね。 

 

僕の家はなぜか密閉性が非常に高くて、悪く言えば通気性が悪いんだけど、いまだに暖房がいらないくらい暖かく、窓の近くで日差しが気持ちよくて寝てしまう。で、誰も起こしてくれない。気づいたら寒くて、部屋が少し暗くなっていて、夜が迫っている。大いなる孤独が、少しずつ近づいてくる。それを避けるように、僕は料理をしたりお風呂を洗ったりしてやり過ごす。

 

気づいたら、おじいちゃんになっているのかな。

静寂

生きて欲しいと言われたので、生きている。生かされている。

 

社会のセーフティネットや、親や、妻や、動物に助けられている。

 

結局、どうしようもなく、生きるべきなのだということを痛烈に感じざるを得ない。享受しなければいけない。

 

社会に甘やかされ、寝たきりでも生活ができる。

 

スーパーに行くと、加工されてすぐに食べられる肉や魚がある。米がある。

 

豚しゃぶ肉を茹でるのが簡単で、僕はよくうどんやそばと一緒に食べる。でもこの豚しゃぶ肉は、もともと生きていた豚だった。大事に育てられていた豚だった。その豚が殺され、出荷され、加工され、自分の手元にある。その不自然さが、たまらなく辛い。

 

所詮何もできない人間であったのだと、突きつけられている気分だ。生きることの本当の辛さを知らずに、生きることの本当の厳しさを知っている人が育てて殺して解体して頂いた豚しゃぶ肉を食べて、無力さを感じている情けなさ。辛さ。切なさ。

 

僕は長らく、海外の精密機器を日本に輸入して販売する営業だった。他人が作ったものを、なるべく高く売る。自社製品でもない。作り手の想いも知らない。そんな空っぽなものを何台も売って売って売りまくった。目標に対して150%以上の利益を出したこともあった。たぶん運が良かっただけ。そして、非常に無意味だった。人が作ったものを、流しているだけ。また、ひどく不自然だった。そして僕は病気になった。必然だったのかもしれない。

 

☆☆☆

 

自立支援制度という国のセーフティネットがあり、ものすごく簡単に言うと特定の病気において医者にかかった時の受診料、薬代が三割から一割になる。僕はそれになんと言うか合格し、その資格を得た。そして病院に行ってひどく驚いたのだけど、結果的に僕の負担額は0割、つまり無料だった。どうやら市町村によって対応は変わるらしいのだけど、僕が住んでいる場所ではその町に住んでいる人達によって負担されるらしい。

 

でも僕はそれにひどく後ろめたさを感じてしまった。一割くらいせめて払うのにな...と。みんなにも知って欲しいんだけど、世の中には「もらえるものは全部もらっておけばいい」と思うタイプと「国や人に生かされていることに後ろめたさと窮屈さを感じる」タイプがいる。そして僕は後者であり、後者の人間もたくさんいるのだということをどうか覚えておいて欲しい。あなたが出してくれる社会保険に、頭が上がらない人もいるんです。

 

もう3ヶ月もすると、僕は障害者手帳と呼ばれるものを申請できる資格が得られる。様々な施設を安く利用できたり、交通費が安くなったりする。でも、どうしようかなって思う。

 

障害者手帳なんか持ちたくないのに、無理やり作らされて泣いている女の子もいる。そういうことだってある。僕たちは少なくとも現状をなんとかしたいと思っているし、自立したいと思っている。だから「自立支援制度」と呼ばれるわけだし、そうすべきだと思う。

 

国が教育でこうした制度を広くうたわないのは、はっきりいってこうした仕組みを悪用する人が出るからだと思う。インターネットが普及して様々な人の思想が見える中で、どうしても「もらえるものはもらっときゃいい」という強い思念が見えがちなんだけど、世界の片隅でもがいている僕たちもいるってことを、時々でいいから、思い出して欲しい。

@各位 死んでない

死んでねーよ。死んでるようなもんだけどな。

 

2月に大事な人に会わないといけないんだけど、「それまでに死んでないといいですね」って皮肉を言ってやったら「じゃあまた連絡するねーん」って返事がかえってきて、ああ俺はもうこいつにとってどうでもいいんだな、死んでもいいと思われてるんだなと思った。大切にしてきたつもりだったけど、もうしらねーよ。大事じゃねーよ。

 

やっぱ死んでやろうと思うんだけど、死んでも復讐にならないなんてつまんなくない?たぶん勝手に死んだわこいつって思われるだけだよね。ノーダメージだったらやる意味なくない?腕切ったほうがいいのかな?切り落としたほうがいいの?よくわかんねーけど。

 

なんかやってきたことの何もかもが無駄に思えてきて、この何年なんだったんだろうって。俺を大事にしてくれる人にそばにしてほしい。孤独だ。甘やかされたい。大丈夫だよって言われたい。だって大丈夫じゃないもん。でも大丈夫じゃないって言えないんだわ。助けてって言えねーの。言いづれえんだわ。迷惑はかけたくねえって感情だけはあんの。残念ながら。

 

「行こうか?」じゃねーの。かってにこいよ。助けにこねえなら何も言うんじゃねえよ。傍観者でいろよ。いい奴のふりすんなよ。ばっかじゃねーの。

 

だんだん自分の中で何かが死んでいく感覚があんだよ。殺さねーといきていけねーんだ。考えるほど辛えんだもん。TV見てもラジオ聞いてもツイッター見てもよぉ、正論ばっかりでうぜえ。俺は「わかる」しか言われたくねーわ。お前の意見なんか聞きたくねーよ。第一な、なんで自分が正しいってわかるんだよ。何かが間違っていることすらぎりぎり気づけて人間だろ。何が正しい、何が正義かって何様だよ。

 

そうだよ、お前ら何様なんだよ。ああだこうだいいやがって。バーカ。いいよなお前らは嫌いなやつがいっぱいいて。嫌いなやつがいっぱいいるってことは、社会でうまくやってるってことらしいぞ。よかったな。よかったな社会の歯車から外れなくて。運がよかっただけだと思うけどな。生まれた股も良かったんだろ。ラッキーだな。

 

社会のセーフティネットで生かされるのもなかなかの地獄だぞ。お前らの社会保険で食う飯はうめえわ。まあ俺も払ってきたけどな。払ってきた以上にもらってる気もするけどな。しょうがねえだろ、国が金くれるって言うんだからよ。お前をとりあえず生かすわって言われて、生きていくためのぎりぎりの金くれてさ、家にこもってんだよ。なんだよこれ。あと1年で終わるけどな。くたばる前に、なんか仕事ができるといいけどな。

 

大っ嫌いだよ。

自分で決めやがれ、とさ。

砂漠で出会うような、もう二度と会わないような相手に対して、心からの贈り物をしなさいというような諺があった気がする。出会いは一期一会、もう会うこともない、刹那、その一瞬に対して最大の愛を送る。それは人生において大事なことなんですよ、みたいな言葉があるらしい。

 

一方、日本の社長で「俺はタクシーの運転手に釣り銭を渡すようなバカなことはしない」と言う人もいる。その人は一代で会社を上場させ、富を築き、人生を成功させた。その人曰く「もう会わないようなやつになぜ親切にするのだ、俺は可能性のあるやつに愛を注ぎたい」みたいなことを言ったらしい。

 

どちらも、正しいのだろう。とっても、正しいのでしょうね。

 

だからね、間違っていることは何とか理解できても、正しいことなんて人には理解し得ないということなんだよ。悲しいよね。

 

結局全部自分で決めるしかないわけ。誰かの言葉に寄り添って、人の生に頼って、生きるしかないわけ。そういう原罪を俺たちは抱えてるわけ。

 

考えるのは放棄したくないけど、時々すごく虚しくなって、何もかも投げ出したくなるような衝動が一瞬あり、その後生きる希望も少し湧いてくるのはなんなの?人間ってなんなの?

 

いい加減にして。