めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

お笑い

「内村てらす」が俺の好きな番組じゃなくなっていく

// お笑い番組が大好きな人ならチェックしているであろう番組「内村てらす」について今日はお話したいと思います。というかこの番組見てる人だったらみんな怒ってるんじゃないですかね?「あれ?番組の趣旨おかしくね?照らす方向がおかしくね?トレンディエ…

【M-1グランプリ2016】和牛とカミナリを戦わせてみたかった、あとラスボス「上沼恵美子」について

// M-1グランプリ2016面白かったですね。ただ正直やっぱり敗者復活戦の方が面白かった感も強かった印象です。何でしょうか、本戦にいても全然おかしくないコンビがたくさん敗者復活戦側に残ってたからですかね...。何にしても敗者復活戦を堂々と勝ち上がった…

【M-1グランプリ2016敗者復活戦】東京ダイナマイト、和牛、メイプル超合金に投票しました

(この感想は敗者復活戦投票結果公表前に書いています) M-1グランプリ2016敗者復活戦を見ました。いやー何か本戦のメンバーよりも豪華じゃね?と思った人多いんじゃないでしょうか。何だか本戦のメンバーにあまり華がない感じがするんですよね、すごく失礼…

【キングオブコント2016】優勝したライスのネタ「命乞い」と落語「夏どろ」について

キングオブコント2016の勝者、ライスの一本目のネタ面白かったですね。どうもインターネットを散策していると、「命乞い」という正式名称があるとのこと(ひょっとしたら生放送中にテロップ出てたかもしれないけど、見返してないので不明)。非常に構成も良…

【キングオブコント2016】タイムマシーン3号とだーりんずが好きだった

// キングオブコント2016、面白かったですね。全体的にレベルが高かったかなと思います。審査基準とかその辺に関しては、また採点方法を分析してくれる人が出てくると思うので、ただもう純粋に買って欲しかった芸人達の屍を拾うお話をしようかなと。 タイム…

【アニメ】「ポピーザぱフォーマー」子供の頃笑ってたけど今みるとキツイ

ポピーザぱフォーマーというアニメをご存知でしょうか。キッズステーションで放映されていて、時々PRムービーも放映されていたので、WOWOW契約してる人なんかは見たことあるよって人もいるんじゃないかな。 www.kids-station.com キッズステーションで放映さ…

【IPPONグランプリ2016】Bグループ感想

IPPONグランプリ、Bグループの出場者は「若林正恭、秋山竜次、今野浩喜、塙宜之、千原ジュニア」でした。塙と今野は初登場ということで注目株。日テレの深夜枠で放送されている「有吉の壁」にて、大喜利が得意ではないことを明かしていましたが、決勝まで残…

【IPPONグランプリ2016】Aグループ感想

IPPONグランプリ、今回も面白かったですね。まずはAグループ予選の感想から書いていきたいと思います。Aグループの面子は、「バカリズム、伊達みきお、堀内健、博多大吉、川島明」でした。個人的にはIPPONグランプリ初参加のサンドウィッチマンの伊達ちゃん…

【公衆電話】時代のバックグラウンドを共有できないお笑い

家の近くに古臭い公衆電話がありましてね、5分くらい眺めていたら昔好きな子の家にこれを使って電話をかけていたことを思い出したんですよ。懐かしいなあと。10円玉を大量に積み上げて。なけなしのテレフォンカードなんて使って。「テレフォンカード」だって…

【R-1グランプリ2016】マツモトクラブの敗因について考えただけ

R-1グランプリで敗者復活戦1位突破を果たしたマツモトクラブなんですが、いまいち評価が高くなくて残念な結果に終わりましたね。ネタの披露後に板尾から痛いダメだしまで食らってちょっと可哀想でした。マツモトクラブのネタって基本的にいつもあんな感じな…

【R-1ぐらんぷり2016】話のオチが弱いエハラマサヒロと横澤夏子の話

はいはいそういうわけで昨日一昨日と記事書いてきましてね、比較的話題性のある小島よしおとサンシャイン池崎に触れたのでそろそろ他の芸人について語りたいと思います。何というかエハラマサヒロとか横澤夏子とか、今回のR-1ぐらんぷりについてどう思ってる…

【R-1ぐらんぷり2016】サンシャイン池崎について語るぜイェーーーーーーーー!!!

// R-1グランプリを見てサンシャイン池崎について初めて知った人って少なからずいると思うんですが、彼最高じゃないですか?というかもうお笑い大好きな人なら池崎が出るってだけで「イェーーーーー!」って気分になってしまう芸人さんなんですよ。突然出て…

【R-1ぐらんぷり2016】小島よしおが最高だったお話

// R-1ぐらんぷりの結果についてはもう皆さんご存知で賛否両論あると思いますので優勝したハリウッドザコシショウ(コピーするの面倒臭いから以下ザコシね)は一先ず置いておいてタイトルの小島よしおについて語りたいと思います。いやー小島よしお最高じゃ…

【東京ダイナマイト】知れば知るほど好きになるハチミツ次郎のお話

// 東京ダイナマイトと言えば、華々しくお笑いの大会で優勝するようなことはないけれども、必ず会場に爪あとを残すというか「あいつら一体なんなんだ?」と思わず興味を引いてしまうようなお笑いコンビだと僕は思う。 www.youtube.com 今の東京ダイナマイト…

昭和元禄落語心中1話 与太郎の落語「出来心」と寄席囃子「前座の上がり」

昭和元禄落語心中を見るのが最近楽しみな僕です。今日は主人公の与太郎が演じた落語「出来心」と、与太郎が高座(座布団があるところね)に上がる時に流れていた曲「前座の上がり」について語りたいと思います。 rakugo-shinju-anime.jp 出来心という落語に…

【落語】大晦日にしんみりと聴く「芝浜」という話

// www.youtube.com 大晦日ですね。年が変わる、除夜の鐘が鳴る。人々が寒空の下で、新しい年に期待をしながら外を歩いている様子を見ていると、僕はいつもこの落語を思い出します。タイトルにもあります「芝浜」というお話ですね。「芝浜」は夫婦の愛情を描…

【落語】「おあとがよろしいようで」はどんな時に使うのか、という話

// nakakenさんが以前こんな記事を書いていらっしゃいました。 おあとがよろしいようで、の意味を勘違いしていた | 今日も8時間睡眠 「おあと」はオチを言った後のことだと思っていて、オチを言ったので自分は引っ込みますねという意味だと勘違いしていた、…

【はじめての落語】桂歌丸「つる」を聴こう、という話

桂歌丸師匠と言えば、立川談志が作った「笑点」ですっかりお馴染みだと思います。そんな馴染み深い方の落語であれば、一席くらい聴けそうだなと感じてくれる人も多いかなと思い、タイトルのようなチョイスになりました。昨日リクさん(id:r1ckey)のツイキャス…

【キングオブコメディ】今野は一人でも活躍できそう、という話

キングオブコメディの高橋健一が世間を賑わせていますね。 news.yahoo.co.jp 当分は今野浩喜はピンで活動することになるのでしょうが、勿体無いですね。2010年にキングオブコントで優勝してからぐっと知名度が上がって活躍していた彼らですが、今後どのよう…

山崎方正が「月亭方正になるまで」という話

mantan-web.jp 山崎方正が「月亭方正」になるまでの過程が書かれています。いじられキャラとして確固たる地位を獲得している方正ですが、結構「自分一人では何にもできない」ということを真剣に悩んでいたようですね。外から見ていると、方正というキャラク…

【落語】寒くなってきたし、「時そば」を聴こうよ、という話

外回りの営業マンはこの寒い時期が一番辛いです。コートとマフラーを付けていても風が強いと寒さに耐えられないし、お客様の事務所に早く着いてしまったら外で待たないといけないし、入室する前に上着を脱いで入らないとマナー違反になるわで大変です。今年…

【絶対に笑ってはいけない】遠藤の結婚と千秋との関係、という話

ガキの使いやあらへんで「絶対に笑ってはいけないシリーズ」放送まで一週間切りましたね。すごく楽しみです。今年の事前情報について調べていたら、エンタメのニュースでこんな記事が。 headlines.yahoo.co.jp ココリコの遠藤、結婚するんですね。おめでたい…

【南海キャンディーズ】山ちゃんからの受験生へのメッセージが面白い、という話

これを読みました。 headlines.yahoo.co.jp 南海キャンディーズの山ちゃんが受験生へのメッセージを語ってくれている記事なんですが、結構ギャグが入っていて面白い内容になっています。ざっくり内容を説明をすると、山ちゃんは中学時代そこそこ成績は良かっ…

【THE MANZAI 2015】キャイ~ンが一番印象に残った、という話

いまいち盛り上がりに欠けるTHE MANZAIだったわけですが、それでも印象に残るお笑いコンビがいくつかあって、僕の中で今回一等賞だったのが「キャイ~ン」の天野君とウドちゃんの漫才だ。 僕自身が「安定した」漫才を見るのが好きで、例えば今回で言う所のウ…

THE MANZAI 2015にはあんまり感想がない...という話

昨日はTHE MANZAIでしたね。皆見ましたか?録画していてまだ見ていないって人もいると思うので、今日はネタの内容というよりも番組に対して感じたことを書こうと思います。 今回直近にM-1グランプリが開催されたせいで、急遽賞レース形式を辞めてただの「お…

サンドウィッチマンの漫才で感じる「怒りツッコミ」の難しさ、という話

今日僕の好きなサンドウィッチマンがTHE MANZAIに出るのでわくわくしています。日曜日の朝から布団の中でずっと彼らの漫才を見ていて、なぜおもしろいのか考えていた時に、タイトルに書いたことを感じたわけです。 今日の一番のお気に入りは、葬儀屋。 www.y…

お笑いに順位をつけるのはおかしいのか、という話

これを読みました。 headlines.yahoo.co.jp THE MANZAIが賞レースではなくなったことを受けて、たけしが持論を展開しています。まあ、持論というか、文句だけど。 僕自身はお笑いに順位をつけること自体は別に悪いことじゃないと思うんですけど、過去にたく…

「一発屋」として消費されていく人達、という話

このニュースを読みました。 news.yahoo.co.jp 埋まらないスケジュール。必要とされていない自分。一発ネタで何とか芸能界で生きている髭男爵の苦悩が書かれています。髭男爵って「一発屋」と言ってしまうにはまだまだテレビで見かけるような気がするんです…

「おぎやはぎを忘れるな」THE MANZAIに活かされている教訓、という話

// 今週の日曜日はTHE MANZAI2015の生放送ということで、とても期待が高まっています。THE MANZAI プレマスターズみたいに関東ローカルでしか放映されないということもないようで、愛知県民でもきちんと録画予約することができました。いや、生で絶対見るけ…

又吉直樹の「火花」から学ぶ、中川家の漫才の素晴らしさ、という話

// 愛知県名古屋の名鉄百貨店で、名古屋鉄道と吉本興業が企画する「爆笑LIVE!」と呼ばれるお笑いステージが行われます。2015年12月20日(日)と2015年12月26日(土)に開催が予定されていますが、すでに26日の方のチケットは完売しているとのこと。うーん残念…