読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

アクセス分析したら9割がスマートフォンユーザで愕然とした、という話

IT はてな

過去30日間のアクセスを分析していて、ふと「このサイトはどのように閲覧されているのだろうか」と思い、セッションごとの画面の解像度を調べたところ、驚くべき結果が出た。なんとスマートフォンでのアクセスが9割である。

 

f:id:knewton:20151028172450p:plain

 

僕の個人的な感覚として、ブログのような比較的文章をたくさん読む必要のあるメディアへのアクセスはPCブラウザによるものが多いと思っていた。

 

ブログにもよると思うんだけど、例えばこのサイトの1記事の文字数のボリュームは平均1000文字で、気分が乗っていたり時間があると2000文字から3000文字書いたりするので、スマートフォンのような小さい画面で文字を追うのは結構しんどいと思っている。

 

昨日書いた記事もかなりのボリュームがあり、今日外出先でふとスマートフォンで閲覧してみたんだけど、いくらh4タグの見出しをつけているとは言っても最後の方まで読むのは結構面倒だった。

knewton.hatenablog.com

 

1記事1記事が自分の子供のように愛おしく、何度も自分の記事を眺めてしまう僕でさえスマートフォンで読むのが苦痛なのに、このブログに初見で来てくれた人、もしくは定期的に足を運んでくれている人達はどこまで自分の文章を読んでくれているのだろうかと愕然とした。

 

画像を駆使して500文字以内に抑えれば結構1記事の読みやすさは担保され、さらさらと面白く読めそうなものだけど、500文字を切ってくると内容が(今以上に)スカスカになってメッセージ性が失われるので、できれば避けたいと思っている。

 

書いていて思ったんだけど、最近の若い人たち(主に10代)はPCよりもスマートフォンの方をよく利用し、使いこなしているという話もよく聞くので、「むしろスマホのほうが活字追えるわい」と考えている人も多いかもしれない。一応データも見つかったので引用しておく。

resemom.jp

 

僕は圧倒的にPCを使っている時間の方が長いので、スマートフォンユーザからのブログの見え方に全然気を使っていなかったので、今回の分析はとても学びになった。

 

実はこのブログ、少しずつCSSを触って自分好みのデザインに変えているんだけど、みなさんお気づきでしょうか。最近だとh4タグの見出しを緑を基調としたデザインに変更したんだけど、スマートフォンからだと全く変化がないこともさっき発覚した。反省することだらけだ。