読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

「お小遣い制度」という謎、という話

暮らし

これを読みました。

www.sy-br.co.jp

 

世の中の男性って、結婚してからなぜ嫁さんに口座を任せてしまうのだろう。僕にはよくわからない。自分で稼いだお金を、そのまま他人に全て委ねるって怖くないのかな。

 

上記のサイトにも書いてあるんだけど、小遣い制のメリットは「嫁さんが堅実な場合にお金が溜まりやすい」ということしかない。むしろ家計を全て任せてしまうことによって、「用途不明金」の割合が増えてしまうと思う。

 

お金の一切の勘定を他人に託すということは思考停止の第一歩であると思う。要するに「自分でお金の管理をするのが面倒だから、お前やっておいて」という態度なわけだから。

 

「全体の収入から生きていくために最低限必要なお金を引いて、これから先に必要となるもののために貯蓄するお金を引いた上で、俺に小遣いをくれ」という相手任せで、責任放棄な行動にしか見えない。

 

例えばこれが自分の口座から毎回必要なお金を生活の口座へ渡すというやり方にしたらどうだろう。普通に考えて、日々の支出について興味が湧いてくるし、「どのようなことにどんな割合でお金を使っているのか」知りたくなるもんだ。

 

普段生活費を入れる口座に15万円必ず入れていたけど、「今月ちょっと足らないからください」と言われれば、「なんで?」と思うでしょう。調べていくと家族での外食が多かったからだということがわかれば、「ちょっと控えようか」とか「僕も家で料理をするのに協力します」という建設的な話ができるはずだ。でも、全部人任せにしていると、それがわからない。完全なブラックボックスとなる。

 

なぜなら、自分のお小遣いのことしか興味がないからだ。自分のお小遣いが増えるか減るかしか関心がない。それはとても恐ろしいことだと僕は思う。家計がどのように回っているのかわからないから、家計に口出しできない。食費は十分すぎるほど切り詰めているのに、「買い物しすぎなんじゃないの?」なんて見当違いなことを嫁さんに言ってしまって大激怒されたおっさんを僕は知っているが、その原因はお金の管理への無関心さにある。

 

これから先結婚して一緒に暮らすパートナーがいる男性の方は、是非家計を嫁さん任せにせず、頑張って欲しいと思う。
(この記事は、毎回スーパーで購入した食材のレシートを全て見せてくれる婚約者のマメさを無駄にせず、しっかりと家計を把握しないといけないという僕への戒めとして書かれた)