読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

【THE MANZAI2015】三拍子には頑張って欲しい、という話

お笑い

今日はTHE MANZAIのプレマスターズ大会で楽しみだなあ、という記事を昨日書いたんですけど、番組表を見てもフジテレビの項目にTHE MANZAIの項目が見つからなくて悲しくなっています。あれ...?愛知県じゃ見られないんですか?それとも何か僕か勘違いしているんでしょうか?とにかく打ちひしがれています。楽しみにしてたのに。

 

仕方がないので若手の出場者リストを見てたんですが、今回僕が大好きな「三拍子」が出るのでこの人達について今日は語ろうと思います。三拍子はお笑いハーベストで優勝してたりTHE MANZAIでは三年連続認定漫才師を獲得してたりM-1でも頻繁に見かけるので有名は有名なコンビだと思うんですけど、いまいち人気が爆発しないというか、知名度が高まらない印象があります。僕超すきなんですけどね。

 

有名なネタというと...なんだろう。「本番でネタ合わせ」とかじゃないでしょうか。

www.youtube.com

 

漫才のネタ自体が非常に秀逸なのと、高倉のボケや動きも面白いし、あと久保のツッコミの強弱とぼやきで笑わずにはいられないネタです。いわゆる伏線を回収していくタイプの漫才なんですが、「なるほど、そうきたか」と客に思わせてしまうのが上手いのと、後半のネタのテンポが非常に早くて勢いがあるから笑っちゃうんだよね。最近だとM-1グランプリ2015でスーパーマラドーナが伏線張るタイプの漫才やってたけど、あれよりも遥かに完成度が高いネタだと思う。「2分前にお話させて頂いた伏線です」って感じが一切しないんだよ。それにしても相変わらずB'z好きだなこいつら。

 

あと個人的に大好きなのは、「おしりどんぐり」ですね。

www.nicovideo.jp

2009年M-1の敗者復活戦のネタ。「鎖骨に煮物詰めて前転する」「おしりどんぐり」「馬インザスカイ」などの独特なワードの応酬の面白さと、高倉がボケて、久保が突っ込んで、高倉がさらにボケて、久保がさらに勢い良く突っ込む時の破壊力が抜群。久保の「ぼやく」「冷静に突っ込む」「軽く突っ込む」「激しく突っ込む」この使い分けが上手なので、自然に後半に向けて話が盛り上がっていくんだよね。

 

是非若手枠から勝ち上がって、本戦に進んで欲しいものです。