読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

【THE MANZAI2015】磁石は勝ち上がってもいい気がした、という話

お笑い

「三四郎」「メイプル超合金」「ジャルジャル」が勝ち上がったプレマスターズですが、やっと見ることができました。ブログでお笑いのネタを発信しまくっていたらツイッターやはてブで次々にいろいろなことを教えてもらえるので嬉しいです。みんな、お笑い界をもっと盛り上げていこうな!(使命感)

 

さて、THE MANZAI実行委員会という謎の組織の謎の厳正な審査の結果3組の本戦出場メンバーが決定しましたね。なんかこう斬新だわ。M-1グランプリでも審査基準が曖昧で散々文句を言っていた僕ですが、ここまでバッサリと決められると逆に清々しいわ。でも絶対もやもやしてる人いっぱいいるよね。

 

「三四郎」は去年2014年の漫才に比べて格段に面白かったし、実力はあると思うんだけど、その後に出てきた「磁石」の方が何倍も面白かった気がするのは僕だけでしょうかね。「物忘れがひどい」という話を2回してしまうというボケから始まり、ニュースキャスターネタの「言い間違い」「勘違い」「キャスターがやらないようなことをやる」というバリエーションに富んだボケのラッシュと、冷静なんだけどちょっとクスっときてしまうツッコミがテンポ良く繰り出される漫才で、M-1グランプリなら1位になってもおかしくないぐらいのクオリティの高さだったと思います。

 

「メイプル超合金」はM-1グランプリとほぼ同じテイストで爆笑をとってましたね。M-1の方がウケてた気がするのは、まあ「2回目感」が出てたからかも。まあ時間そんなに空いてないしね。ただメイプル超合金のネタはいろいろパターンがあって、例えば北斗の拳のネタとか結構好きだから持ってこれば新鮮味があって良かったのになと思いました。(カズレーザーが相方の安藤なつに北斗神拳を食らわせて「膝に溜まった水が沸騰して死ぬ秘孔をついた」という爆笑ネタがある)

 

「ジャルジャル」はまあ安定して面白いんだけど、M-1の本戦一本目からずっと言い間違いネタをやっていて、どんどん作りこみが甘くなっているというか、「期待値」が上がり過ぎているのか、あんまり笑えなかったというのが正直なところ。ジャルジャルの「ちょっとくどい」ところが、上手にハマって面白いところで収まればいいんだけど、今回はちょっとその度合を超えてしまっていたような気がする。まあ既視感半端ないし、お客さんも人によっては3本連続で同じテイストのネタぶつけられるわけだからその辺を理解してもっと練らないといけないんじゃないのってところでしょうか。本戦行ったけど次はどんなネタやるんだろう。

 

あと今回見て一番の収穫だったのは「ジャイアントジャイアン」が見れたことかな。あんまり自分達が有名じゃないことをコンプレックスに感じているのを漫才の枕にしてたけど、すごく面白かった。格闘ゲームで言うところの「弱ボケ」からの間を置いて「強ボケ」ネタ。会場をすごく沸かせてた。「熊は左利きだよ!!!」これ流行らせたい。

 

ジャイアントジャイアンの「お前はいじるなよ」っていうネタがあるんだけど、同じようなテイスト。体型と鼻が大きい「かーしゃ」のボケの良さがいい感じ。これからテレビの露出増えるといいな。あと誰かWikipediaに記事作ってあげてよ。何気にこの人達M-1グランプリ2015の準々決勝行ってるんだぞ!

www.youtube.com