読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

【南海キャンディーズ】山ちゃんからの受験生へのメッセージが面白い、という話

お笑い 暮らし

これを読みました。

headlines.yahoo.co.jp

 

南海キャンディーズの山ちゃんが受験生へのメッセージを語ってくれている記事なんですが、結構ギャグが入っていて面白い内容になっています。ざっくり内容を説明をすると、山ちゃんは中学時代そこそこ成績は良かったんだけど、ある時好きな女の子ができた。その女の子がとある塾に通っているという情報を手に入れた山ちゃんは、同じ塾に通い始める。でも、レベルが高すぎて授業についていけず、勉強に挫折。第一希望の高校に入れず、違う進路を歩むことになる。さらに高校時代、山ちゃんは理系を目指していたのに、好きな女の子が文系を目指していたので文系に入り、またしても自分の希望と違う進路を進む。面白すぎるでしょ。山ちゃん、女の子に振り回されすぎ。

 

で、本題なんだけど、山ちゃんはあるきっかけがあって受験勉強に物凄く集中して取り込むようになる(この辺りは元記事を読んでもらうといいと思うんだけど、その理由もちょっとぶっ飛んでいる)。毎朝早くに新聞配達をして、朝から夜の9時頃まで延々と勉強する日々を過ごしたそう。山ちゃん、根が真面目だからこういうことできちゃうんだろうな。凄いですね。

 

山ちゃんの言葉で一番心に残ったのは「脳は基本的サボろうとする」ということ。そうだよね。人は基本的に楽な方向にすぐに流れてしまっていく生き物で、そういう駄目な自分と向き合って生きていかないといけないですよね。自分が決めたことに関して全力で取り組むコツは、「とにかくやること」って書いてあるんだけど、概ね同意できる。もちろんただ闇雲に取り組んでいるだけじゃ駄目なんだけど、雑念を入れないために一日決めた時間をずっと集中して頑張るということはとても大切だと思います。

 

長期的な目標に向けて頑張っていくためにはある程度自分の行動を習慣化していく必要があって、山ちゃんはそれを図ってか図らずか実践できていたんだと思います。今はスマートフォンなどの日々の勉強の妨げになるような遊びがいっぱいあるけれど、サボる言い訳が思いつけないぐらいがむしゃらに目の前のやるべきことに取り組め。そんな山ちゃんのメッセージが伝わる、良い記事でした。