読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

【R-1ぐらんぷり2016】話のオチが弱いエハラマサヒロと横澤夏子の話

お笑い

はいはいそういうわけで昨日一昨日と記事書いてきましてね、比較的話題性のある小島よしおとサンシャイン池崎に触れたのでそろそろ他の芸人について語りたいと思います。何というかエハラマサヒロとか横澤夏子とか、今回のR-1ぐらんぷりについてどう思ってるんですかね。僕はまあ去年のM-1グランプリとかTHE MANZAIとかキングオブコントとか見てると「ハゲとデブとブサイクと裸と勢い」でお笑い界が盛り上がっている印象ですね。まあ別にそんなことはどうでもいいですけど、コンプレックスをひたすらぶつけ合って、一番客を傷つけずに笑いをとったやつが優勝って感じがしますね。なんだか恐ろしいですね。

 

さて横澤夏子ですが、期待通り面白かったですね。テレビ番組「今夜くらべて見ました」に出演してから一気に知名度が上がった気がする彼女ですが、元々面白い人でどこでネタやってもウケてるので実力あるなーと思ってました。横澤夏子はとにかく女の日常を切り取らせたら一級品じゃないですかね。お笑いコンテスト系では女性の観客も多いので有利だと思います。で、特にいいなというか賢いなと思ったのは、今回のコントは女性から見ると「ああこういう同性いるわ」って共感できるし、男性側からも「あ〜なんかいそう〜」ってなるところですよね。もしくは「ああこういう女いたわー」って思う人もいたかもしれないですね。なんというかこう男と女の視点って微妙にずれているにも関わらず、どっちの視点から見ても面白いっていうのはさすがだなと思います。全然関係ない話なんですけど、クレヨンしんちゃんの映画で「嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」って話があって、その話が子供が見ても大人が見ても楽しめるコンテンツになってるんですね。映画のあらすじをここで語ると大きく脱線してしまうので止めますけど、あの映画を子供の時に見た時と、成人した後に見た時では大きく印象が変わって面白かったって経験があったんですよ。あれに近い感覚を横澤夏子のコントを見て感じましたね。ちょっと褒めすぎですけど。じゃあなんで勝てなかったかという話をしますと、あのコントの敗因はオチの弱さじゃないですかね。笑いどころはたくさん有ったんですけど、話が収束していく中で面白くなっていく構成ではなかったので。

 

そういう意味ではエハラマサヒロも同じで、丁寧な演出と巧みな表現力でお客さんから爆笑をとっていったのに、最後尻すぼみだったんですよね。あと「ハーブ」とかの麻薬系の笑いどころが完全にすべっていたのも原因じゃないでしょうか。エハラマサヒロは自身のツイッターでこんなこと言ってましたけど、たぶん単純に構成の問題だと思いますよ。その芸を磨けばいいと思うんですけどね。嫌ならハリウッドザコシショウみたいな勢いのあるネタやればいいんですよ。

 

エハラマサヒロも横澤夏子も、構成力で勝負をするネタにしては最後のオチが弱いので、だんだん盛り上がって最後「ワッ!」って観客が言って終わるネタを是非見たいなと思いました。 

【この熱い想いは10分で書いた】