読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

日経新聞をとってみることにしました、という話

雑記

最近携帯を変えまして、ソフトバンクを解約してMNPで楽天モバイルに移行したおかげで、月々9000円近く払っていた携帯電話料金が2000円程度に収まるようになりました。この辺りの話もまた後々ブログに書こうとは思いますが、今日はちょっと新聞のお話を中心に書いていきます。

 

月々7000円もお金が浮いたので、毎月飲みにいくお金が増えるなあと最初は考えていたのですが、せっかくなので自分に投資をするようなお金の使い方をしようと思い、悩んだ末に日経新聞を取ってみようという決断に至りました。最近だとスマートニュースやグノシーみたいなスマートフォンで簡単にニュースが読めたり、インターネット上で手軽に情報を収集できるので新聞なんていらねーじゃんと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、新聞は新聞のメリットがあると思うんですよね。

 

まず、ニュースを幅広く素早く読むことに適しています。新聞のレイアウトについて勉強したことがある人はよくわかると思うのですが、大見出しや中見出し、本文や図解などを駆使して非常に短い時間の中でたくさんの情報に触れることができます。インターネット上のニュース記事や、もちろんスマートフォンのアプリでもそうなんですが、記事を1枚1枚めくるような感覚で画面を行ったり来たりしなければいけません。新聞ではそのような手間はありません。大見出しや中見出しを確認しながらニュースを俯瞰し、興味のある情報があれば本文を隅々まで深く読んでいく作業に非常に適しています。

 

また、文章が縦読みで書かれているところも嬉しいポイントです。僕は横書きの文章よりも縦書きのほうが文章を追いやすく、内容を理解するスピードが高まります(最近はインターネットの発達により横書きの文章を読む機会が圧倒的に増えたので、必ずしも縦書きのほうが読み易いとは言えませんし、体感的なものと実際のスピードは同じくらいかもしれませんけど)。

 

まあそんなわけで、月々3000円ぐらいの出費が新聞を取ると発生するのですが、この3000円という金額もちょうどいいかなと思っています。安すぎず、高すぎずというか。日々世の中で起こっている様々なことにしっかりと目を向けるために身銭を切って新聞を読む習慣をつけようという目論見なのですが、月1000円ぐらいだったら「まあ読まなくてもいいか」となりそうだし、月5000円ぐらいだったら「あまりにも高いのでやめておこう」となってしまいそうです。非常に丁度いいので、3ヶ月くらい継続してチャレンジしてみる予定です。

 

最近このブログはお笑い関係の記事以外はどうでもいい僕の日常生活をただ垂れ流すだけになってしまっているので、時々時事ネタを書いていこうと思っています。引き続きよろしくお願いします。

 

【所要時間15分】