読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

僕はいずれ死ぬ

今年、長年続けていた会社を退職し、その翌月には転職をした。転職が決まった月に結婚式を挙げ、式の翌日に新婚旅行に行き、インフルエンザになって帰ってきたその翌日にはまた働き、引っ越しの手続きをし、今は荷造りをしている。携帯電話を解約して安いキャリアに乗り換え、浮いたお金で新聞を取り、huluを解約してDMM英会話を始め、自分の職業人生を少しでも伸ばして子供にしっかりとお金をかけてあげようと考えているんだ...そんな近況をご友人に報告差し上げたら、「お前は行き急いでいるのか、もうじき死ぬのかどっちだ?」と言われた。

 

僕はいずれ死ぬ。何をどれだけ頑張ったところで、いずれ死ぬ。人の生に意味なんてないのだろうなといつも考えている。本当に人の生に価値があれば、人の最後が死であるはずがないからだ。

 

死に絡みとられないように、皆必死に走っている。その走る度合いが、皆それぞれ違う。それだけの話なんじゃないかなと思う。

 

自分の生に価値がないのなら、可能な限り良いものにしたいじゃないか。そう考えながら、懸命に走っているだけなのだ。生と死は対極にあるのではなく、常に隣り合わせだ。いつかきっとそのタイミングがくるのだけど、たぶん常にゆっくりと死に取り込まれていくのだと思う。生は死を内包している。不自由の中に自由があるように、僕たちは生きることの無意味さを自覚しながら、それでも人生に意味を見出す必要があるのだ。

 

僕はいずれ死ぬ。でも死ぬまでに時間はある。最後の最後まで、僕は生きることの無意味さと、面白さについて考え続けたいと思う。