読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

【IPPONグランプリ2016】Aグループ感想

お笑い

IPPONグランプリ、今回も面白かったですね。まずはAグループ予選の感想から書いていきたいと思います。Aグループの面子は、「バカリズム、伊達みきお、堀内健、博多大吉、川島明」でした。個人的にはIPPONグランプリ初参加のサンドウィッチマンの伊達ちゃんがどんな大喜利をしてくれるのか楽しみでした。また川島も伊達ちゃんと同じく初参加でしたが、有吉の壁でも上手に大喜利をしていたので十分に優勝を狙える実力があるんだろうなという印象。

 

始まってみると、川島は少しボードを見せるまでの前置きが長いものの、かなり面白い回答で点数を掻っ攫っていく。そして伊達ちゃんのハートフル回答。謎の体言止めで不思議と笑いを誘う回答で点数を重ねる。皆、それぞれ点数が取れなくて足掻く中で、なぜか伊達ちゃんだけは一切ぶれずに、マイペースで回答をしていくのがかっこよくて、会場の笑いを誘っていた。賢い大吉さんが体現止めを踏襲しながら、様々なアプローチで点数を取ろうと奔走する。ホリケンはいつもどおり、どうやって回答をひねり出しているのかわからないけど、予想外の着地点の回答を連発して爆笑を誘う。ホリケンは今回勢いだけではなくて、回答に575のリズムを入れてみたり、前置きを長くしてみたり、時事ネタを入れてみたりとかなり進化してた。

 

マイペースな伊達ちゃんと、技巧派の博多大吉、お題ごとに自分の持ち味を出そうとする川島、上手な絵と少し視点をずらした笑いを作り上げるバカリズム、瞬発力のホリケンとった感じの構成で、バランスがよかったと思う。また、IPPONグランプリの特徴として、かなり回答の「言い方、勢い」が大きく影響するんだけど、前置きを膨らませて膨らませて最後にボートを見せて笑わせるというスタイルが今回目立った中で、伊達ちゃんのゆるい、ふわふわした回答が際立ってとても面白かった。

 

それでは今回の各お題のお気に入り回答をご紹介。

 

「Aブロック第1問」

おバカヒーロー「オペペペン」〇〇すると変身 その変身方法とは?

博多大吉「双眼鏡で太陽を直接見る」

 

「Aブロック第2問」

このかるたの読み札を教えてください(ダンボールに入った熊さんのかるた)

伊達みきお「遊ぼうよ。又、ここに戻してもいいからさ」

 

「Aブロック第4問」

芸能記者が「500円だな」と判断したネタを教えてください

博多大吉「キングコング西野の言動は一律500円」

バカリズム「misono 充電宣言」

 

「Aブロック第5問」

完全に名前のせいで売れていない女性アイドルのグループ名とは?

博多大吉「KA・TA・TE・MA」