読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

【IPPONグランプリ2016】Bグループ感想

お笑い

IPPONグランプリ、Bグループの出場者は「若林正恭、秋山竜次、今野浩喜、塙宜之、千原ジュニア」でした。塙と今野は初登場ということで注目株。日テレの深夜枠で放送されている「有吉の壁」にて、大喜利が得意ではないことを明かしていましたが、決勝まで残ることができるか楽しみな一戦でした。今野は俳優業を最近頑張っていますが、「元々お笑いで頑張ってたし、思いっきり自分の芸人としての存在感を見せたい」という意気込みを持ってやってきているはずなので、どんな感じになるかとても興味深かった。若林の毒舌、秋山の破天荒回答、塙の苦し紛れの一言、オールマイティにこなす千原ジュニア、俳優業で培った経験をどうお笑いに生かすか注目の今野という感じの面子でした。

 

「Bブロック第1問」

大御所たちを注意してください

このお題はなんだか芸人達のリアルを見ているようで、笑えました。一見視聴者を置いていきそうな内容だったのですが、「何かわかる、きっと舞台裏ではそんな感じなんだろう」と共感を得られてしまうような回答が多くて良かったですね。特に、今野と若林のキレがすごくてヒヤヒヤする場面もあった。チェアマンのまっちゃんが、「誰のことを言ってんねん!」と思わず突っ込んでいたのが最高だった。秋山と千原ジュニアの回答に関しては、もはや「あの大御所のことだろ」とわかってしまうような内容が出てきていたので、より一層客席を沸かしていた印象。全体的に見て、自分の芸人人生を短くしかねない回答を出した上で、身を切ったはずなのに一本を取れなかった時の「どうしようもねえな」感が出た時の哀愁がたまらなかった。そんな第1問。

 

若林「叙々苑弁当を残すなよ!」

若林「隠居(ハウス)!」

塙「ダンカンバカヤローじゃねえよバカヤロー!」

秋山「また葉山にいる」

 

「Bブロック第3問」

塀に「この穴のぞくとがっかりします」の張り紙 何が見える?

時事ネタ(歌丸師匠)をぶっこんだ塙、自分のお笑いのネタを最大限利用する今野、ゆるキャラをいじる千原ジュニア、毎回一言で終わらない秋山、日常あるあるをしっかり押さえた回答を出していく若林といった感じでした。

 

若林「※ここから先は有料コンテンツになります」

千原ジュニア「マジックミラー号の正面」

 

「Bブロック第4問」

始めてドラゴンを退治しに行くのですが、アドバイスをお願いします

ファンタジーなネタではあるけれど、どれだけ視聴者の日常に近づけて回答ができるかがポイントになりました。遊園地ネタ、TVネタ、学生ネタ、古典の引用など、バリエーションに富んだ回答の連続で面白かったです。

 

若林「着いたらまずファストパスをとったほうがいいよ」

若林「この時期は混むからやめておいたほうがいいよ」

塙「ではまずその屏風からドラゴンを出してみよ」

塙「思ってるより小さいから虫かごが必要だよ」

千原ジュニア「いや、昨日林んとこのおかんが倒したんやて」

千原ジュニア「倒した後の囲み取材が大変やねん」

今野「お前大学どうするんだよ!」