読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

毎日自分に投資するためには

仕事 雑記

あっという間に1日が終わる。社会人になってから様々な業務に追われ、気付いたら定時を過ぎていて、必ず今日やらなければいけないことだけをきっちり終わらせて、帰路につく。疲れた身体を癒すために風呂に長く入り、できる限りの家事を行って、一息ついた時には寝る時間だ...こんな生活が続いている。

 

ただそうは言っても、今の生活には非常に満足してる。前職では11時にならないと家に帰ることができなかったが、今ではだいたい7時から8時くらいにはあがることができるようになった。今までできなかったことに時間を割くことができるようになった。でも...なんか人ってすぐに環境に慣れるんだね。有り難みはだんだん薄れてきて、やるべきことを時間がないせいにして後回しにする悪い癖は治っていかない。

 

毎日成長している実感が欲しい。今日の自分よりも、明日の自分が強くありますように。そう願う日々。確実に消費されていく自分の人生を、ただ漠然と過ごしたくはない。

 

今一番有効だと思っているのは、やるべきことを「身銭を切って」やることだ。僕は今英語を話せるようになりたい、自分の市場価値を高めたいと思っている。でも近々の目標ではない。かなり長い目で努力していかなければならない。いわゆる「緊急ではないが、重要なタスク」にあたるわけだ。で、それを確実にこなしていくために、1日160円程度、30日で5000円お金を支払ってDMM英会話をやっている。お金がもったいないから、忙しくても疲れていても何とか時間を作ってやろうと思うわけだね。たかだかお金が絡むだけで自分の行動を変えることができるなんて情けない話だとは思うけれど、なかなか効果的だ。

 

釈然としない方は、会社によく置いてある新聞について考えてみると良いと思う。会社で毎月取っている新聞、あれ誰も読まないだろ?会社がお金を払っているから、読まなくても損だとは思わない。忙しさと、いつでも読めるっていう気持ちが先行するから、誰も読まないのさ。会社の方針としてeラーニングを社員にやらせるとか、英会話を勉強させるために環境を整えたりとか、雑誌や新聞を取ってあげたりとかするけど、あれほとんど無駄になってるんだよ。いろんな社長さんに話を聞いてみたけど、みんな怒ってたな。お金出してるのに全然あいつらやらないんだ。どういうつもりなんだろうって。結局自分の懐からお金が出てないから、どこかで自分に言い訳をしてしまう。「今そんなことをしてる場合じゃない」ってね。

 

会社から与えられる機会、環境に甘えずに、自分自身で身銭を切ってやるべきことを頑張る。それが一番近道だと思う。