読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

経験値が一定を越えると急に何もかもが上手くいく現象について

車の運転が本当に苦手で苦手でしょうがなかったのですが、最近その意識を克服しつつあります。元々免許を取得する際の最初の運転適性検査で「瞬間的な判断が苦手」「思わぬ事態が発生した際に事故を起こす可能性がある」と診断されていて、運転適性はかなり低いと言われていた僕ですが、資質はなくても何とか経験で補うことができてきたようです。

 

今の高額商品を販売する営業マンになり、愛知県から西(九州まで)を全て車で移動することになってからは、嫌でも長時間の運転を強いられ、正直参ってました。多い月だと1000km以上運転する時もあり、かなり精神的にダメージが大きかったのですが、人間慣れの部分も大きいのでしょう。本日400km以上、時間で言うと6時間の運転をこなしても、疲れはあるものの問題なく自分の仕事がこなせるまでに成長しました。

 

高速道路の合流や車線変更、ICでの乗り換えなど、瞬時に判断すべき行動がスムーズにできるようになり、気持ちよく運転ができるようになりました。心に余裕ができたことで、以前だとハンドルを強く握りすぎて毎回車に乗ると腱鞘炎気味になっていたのですがそれもなくなり、腕や手首をリラックスさせて、精神的に安定して運転をすることが可能になりました。

 

元々1年間で数回、数kmしか運転しなかったので、つい最近まではびくびく乗っていたのですが、今日急に頭の中の雲が晴れたように爽快で、全ての所作に余裕を持たせることができるようになり「なにこれ、なにこれ」とひたすら動揺してました。人間一定の経験値を積むと、急に上手にこなせるようになるタイミングがあるのかもしれません。

 

そういえば僕は前職でプログラマーをやっていたのですが、やはりあるタイミングで急にプログラミングの基本的な考え方に気づき、過去読んでも意味不明だった書籍の言及箇所がはっとわかるようになったり、技術が向上したような気分になったことがありました。普段必死に考えたり、行動したりしていると、あるタイミングでグッと伸びる瞬間がある...これは全てのことに共通するのかもしれません。

 

僕は今英会話に挑戦をしていますが、正直全くうまくいっていません。自分が思い浮かべていた自身の成長スピードと実際の実力のつき方に大きな乖離があり、つらい日々を送っています。その結果、自分で決めた勉強量が守れなかったり、英会話をサボったり、ルールを変えたり...とちょっと弱気になっています。でも、今までの短い人生を振り返れば、必ずあるタイミングで伸びる瞬間があることを僕は肝に銘じるべきなのかもしれません。

 

努力の方向性を間違えると全く成長しない、という言葉が今一番怖いと思っているのですが、それでも試行錯誤を繰り返し、経験を積むことによってなりたい自分になることは可能なのではないか。そう、ちょっと興奮してしまって、この文章を5分で書いてしまいました。「ああ、そういう経験したことある!」という方はコメントください。励みになります。