読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

【キングオブコント2016】タイムマシーン3号とだーりんずが好きだった

お笑い

キングオブコント2016、面白かったですね。全体的にレベルが高かったかなと思います。審査基準とかその辺に関しては、また採点方法を分析してくれる人が出てくると思うので、ただもう純粋に買って欲しかった芸人達の屍を拾うお話をしようかなと。

 

タイムマシーン3号、残念。本当に、残念。かなりネタ仕上がってたと思うんですけどね。なんだか点数伸びないですね。M-1グランプリでも 2回決勝進出してて、実力も確かにあって、本番もいいネタを披露するんだけど、「どーん」と点数が出ない。なぜなんでしょうか。ネタの奇抜さがないから...?

 

そういえばタイムマシーン3号って僕は漫才のイメージしかなくて、2人のコントを見るのが結構新鮮だったんだけど、みんなはどうでしたか?でもしっかり基本を押さえた起承転結の物語を作ってて、僕はすごく好きなんですよね。そういえば1本目のネタの不良にカツアゲをされて小銭がじゃりじゃり出てくるネタ、あれ「有吉の壁」という番組でメイプル超合金のカズレーザと組んで全く同じことやってたんですけど、これは元々テレビでやってる(鉄板?)ネタなのか、有吉の壁を通じてネタに昇華したのか、すごく気になります。知っている人がいれば教えてください。お願いします。

 

関太の所作、相変わらず綺麗でしたねー。土田晃之が「タイムマシーン3号の良いところは、よく通る声だ」と言ってましたけど、それ以上に僕は関太の動きの美しさ、指の一本一本まで意識された演技が好きなんですよね。今回もそれがたっぷり発揮されていて、すごく良かったと思います。まあその辺の話は前の記事でも書いているので、よかったらどうぞ。

www.meg2.net

 

で、あとすっごく語りたいのは、だーりんずの衝撃ですよね。コントの設定という面では今回のキングオブコントの中で一番の驚きがありました。キングオブコントにしろ、M-1グランプリにしろ、下ネタをやると評価が下がるというお約束の中、あえて童貞ネタをぶっこんでいったあたり、肝っ玉がすごいというか、アホというか。面白かったです。僕は最初TVで笑いがあまり起きていなかった原因として、「設定の奇抜さで笑いよりも驚きで頭がいっぱいになってしまった」ことかなと思ってたんですが、ツイッターを追っていたら「下ネタうぜえ」「家族と見てる時間になにやってんだよ」というコメントがかなりの数あったので、なるほどそういうのも意識しないと勝ちあがれないんだなと、改めてネタ選定の難しさを感じました(予選はまだいいかもしれないけど)。前回のキングオブコントのコロコロチキチキペッパーズの衝撃イコール、だーりんずだったというのが今回の僕の感想なんですが、まあ売れない芸人やっているというバックグラウンド情報は置いておいたとしても、間違いなく「2本目が見たかった」と言わせるネタをやってくれたと思うので、今後是非頑張って欲しいです。