読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

妻の良いところをたくさん考えてみた2017

 

昨年の4月に結婚した妻が僕にはいて、付き合いの長さでいうともう5年以上経つ。一緒にいることが当たり前になっていく中で、それでも仲良く生きていけているのはお互いに対しての尊敬の気持ちや、感謝の言葉がたくさん言えているからだと思う。

 

慣れというのは恐ろしい。人は環境に順応する能力がとても高いから、(たとえ過酷な環境であったとしても)それに慣れていく。家に帰ると作ってある食事とか、お風呂が沸いていたりとか、ベルを鳴らすとドアを開けてくれるとか。家に帰った時に誰かがいる幸せや、同じTVを見て笑えることの泣きそうなくらい幸せを感じられる瞬間とか、外に出かける時には自然と手を繋ぐ優しい気持ちであったりとか。幸せに感じられるアンテナが敏感で、些細なことに喜びを感じられてこそ人は豊かな人生がおくれるのではないか。最近僕はそう思うのだ。

 

というわけで僕が妻を見ていて感謝したり驚いたり尊敬するポイントを書いていこうと思う。

 

朝必ず起きて僕が出かける時は玄関で手を振ってくれる

もう2年ほどこの習慣は続いていて、妻はどんなに眠くても寒くても布団から出て「いってらっしゃい」を言ってくれる。朝出かける時の気分が全然変わるので、すごく嬉しい。

 

ご飯を一生懸命作ってくれる

妻は百貨店で働いているので、帰りが21時過ぎになることも多いのだけど、家に着いてからすぐご飯を作ってくれる。クックパッドとオレンジページを眺めながら、なるべく野菜を使ったメニューを考えてくれる。仕事が終わってから食事を作ることのストレスがあるはずなのに、文句ひとつ言わない。本当にすごい。ちなみに今日は僕がご飯を作ろうと思う。いつも鍋とかオムライスでごめんな。

 

言い訳をしない

よく妻は入浴剤をお風呂に入れた後、そのゴミを浴槽近くに放置するので僕は怒るんだけど、毎回「ごめんなさい」と謝る。これは結構すごいと思う。一切言い訳をしない。言われたことに関して自分が悪いと思っても、素直に謝罪できるのは結構すごいことだと思う。そんな性格の良さと、おだやかな雰囲気が僕は気に入っている。

 

お笑い番組を一緒に見るのが好き

僕は妻とよくお笑いについて語ったり、一緒に番組を見るのが好きだ。時々このブログでも偉そうなお笑い批評を書いているんだけど、実は妻のほうが100倍詳しい。芸人の名前をあげれば、どこの事務所に所属していて、どんなキャリアを積んでいるのかそらで言えるレベルでちょっと怖い。例えば東京03の話をすれば、「アルファルファとプラスドライバー」の話がすぐに出てくるし、芸名の名前の由来までばっちりだ。すごい。最近は「内村てらす」を見て二人で盛り上がっている。あと東京ダイナマイトがお互い好きすぎてそのうち東京大阪に繰り出す予定だ。

 

頑張り屋さん

言われたことをとにかく素直にやるので、偉いなと思う。最近では、「子供ができたら在宅ワークでしか稼げないので、クラウドワークスとかやればいいんじゃないか」と話をしたんだけど、最近ランサーズなんかにも登録してせっせとお小遣いを稼いでる。理由をつけてやらないとか、面倒だとか、いろいろ思いそうなはずなんだけど、ちゃんとやる。偉い。そんな君が好きだ。

 

というわけで、この記事をプリントアウトして冷蔵庫にでも貼っておくことにするよ。