読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

会社の朝礼スピーチを考えてみた「常に高いスキルを持つということ」

 

おはようございます、にゅーとんです。今日は会社の「常に高いスキルを持つ」という行動指針について、自ら実行していることについてお話をしたいと思います。

 

常に高いスキルを持つということは、具体的にどのような行動をすべきだと皆さんは思いますか?(少し間を置く)今皆さんの頭の中で様々なことが思い浮かんだと思いますが、それについてどれぐらい達成できているでしょうか。

 

私たちは日々忙しいです。様々な業務に追われ、仕事だけでなく、家庭のことなど、考えることもやるべきこともたくさんあるでしょう。でも、「忙しい」を理由に「自分が中長期的に達成しようと思っていること」を後回しにし続けると、いつまで経っても成長がありません。

 

自らの仕事に一生懸命に取り組む。それは大切なことです。でも自分の専門分野の仕事をルーティンでこなすだけだと、その分野での見識が高まるでしょうが、いわゆる普通の人になるでしょう。自分が日々こなすべき仕事に加えて、仕事のクオリティを向上させるための工夫や、仕事に関連する様々なことについて学び、知見を深め新しいアイデアを創造できるスキルを身につけることが重要です。そしてそれを叶えるためには、大量の情報のインプットと、考え続けるという行動が必要なのです。

 

遅くまで働くべき、ということが言いたいのではありません。朝少しだけ早く出社して情報収集をしてみるとか、休憩時間の一部を勉強にあててみるとか、客先への移動時間を利用して何か行動してみるとか。そうした少しずつの時間の積み重ねが大切です。1日30分でも、それをずっと続けることで大きな糧になります。

 

僕自身の話になりますが、今は日経新聞とWBS(ワールドビジネスサテライト)を毎日見ることと、英語を学ぶこと、業務に関する勉強をすることを自分に課しています。僕は営業なので、世界経済のビジネスについて学ぶことは営業活動を考える上で役に立っていますし、お客様との話のネタにしたり情報共有をすることがかなり上手にできるようになりました。また高級な精密機械を販売しているので、技術的な話ができるようになることは顧客の信頼を勝ち取る上で重要なのですが、技術の人間がいなくてもかなり広範囲の話に対応できるようになったことで提案のスピード感が高まりました。

 

自分が今積み重ねていること、努力していることが正しいかどうかは、「自分が今社内外で第一線のスキルを持っている」と認識できるかどうかです。ちょっと曖昧な表現なので言い換えてみると、お客様や社内の人間から「すごいね」と言ってもらえるかどうかです。「あなたは信頼できる人だ」「営業なのにすごくよく理解しているね」僕はこう言ってもらえる営業ができた時は成功したんだなと思いますし、そう言ってもらえなかった時は何か自分が間違えているのだと行動を反省し、修正していく必要があるのだと感じます。繰り返し検証していくことによって、より高いスキルを持つことができるのだと僕は思っています。

 

まずは1日5分でも良いので、自分の行動を変え、未来の自分に向けて投資することを始めてみてください。小さな積み重ねが、やがて大きな成果を生み出すためのスキルになっていくはずですから。

 

おわり。

(会社の行動指針や名前や商材を変更してスピーチに使っても良いです、というか使ったらどんな反応があったか感想をください。)