めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

マネーフォワードは便利すぎるし、資産運用について真剣に考えられる良いツール

 

1ヶ月前にマネーフォワードを使い始めたんだけど、サービスが最高すぎてプレミアムアカウントに登録してバリバリ使ってます。

moneyforward.com

 

名前は知っていて、「クレジットカードの情報を集約して簡単に家計簿をつけられる」ぐらいの情報は持ってたんだけど、使ってみると強力すぎて唖然としてる。

 

クレジットカードを複数枚登録できるのは言うまでもないとして、まず銀行口座を登録できるのが嬉しい。これによって日々の支出の情報を集約することができる。銀行口座間のお金の動きは「振替」で記録されるので、例えば三菱東京UFJ銀行から住信SBIネット銀行にお金を移動するとか、そういう情報も全部残るので、後から辻褄を合わせる必要が一切ない。これは本当にすごいと思う。

 

クレジットカードで支払いをした情報の記録ももちろんなんだけど、例えばAmazonの会員情報なんかも紐付けができるので、細かい商品の購入履歴なんかも追えるし、月にどれだけ使ったのか、ポイントがどれぐらい残っているのかも全部マネーフォワードで分析できる。

 

証券口座も連携ができて、さらに銘柄ごとの損益計算情報も出てくるし、前月比を表示する。国内の仮想通貨取引所との連携もサポートしてるから、死角がない。神サービスだ。この間は個人年金(僕はiDeco)の連携もできることに気づいて、顎がはずれそうになった。

 

マネーフォワードを使ってると自分の資産状況が一目瞭然なので、例えば「預金の割合が多いから、投資に回そう」とか、「この部分は赤字なので解約したり節約したりしよう」とか、そういった自分の資産運用戦略を考えることが非常にしやすい。あと損益の確認のためにわざわざいろんなサービスにログインして情報を取りに行かなくていいからすごい楽。もうマネーフォワードだけ眺めてればOK。最高。

 

ちなみにマネーフォワードがセキュリティ的なお漏らしをしても大丈夫なように、API連携をする際の情報の持たせ方も工夫ができる。例えば「預金情報、持ち株情報」だけ取得するように設定してサービスと連携するようにすれば、仮に情報が漏洩してもたいしたことはできない。まあ個々人のお金の流れは流出するけど、そんなのどうでもいいもんね。

 

とりあえずこの幸せを共有したいと思ったので、書きました(なにそれ)。あと画像をぺたぺた貼って頑張ろうと思うと筆が止まることに気づいたので、2018年は気楽にやっていきたいと思います。みんな、あけましておめでとう。

 

 

f:id:knewton:20180108182124p:plain

f:id:knewton:20180108182142p:plain

f:id:knewton:20180108182159p:plain