めぐりめぐる。

落語や漫才を見るのが好きです。エンタメ系の記事を中心に、幅広く書きたいことを綴るブログです。メールでのお問い合わせはこちら「infomeg2@gmail.com」

投資よりお金と時間の使い方の方が難しい

 

投資は面白い。銀行にお金を預けておくのではなく、リスクを取り金融商品に変えていくことで「お金が育っていく」楽しさを感じられる。また投資は「時間を味方につける」ことによって効果を高めることができる。早いタイミングで投資をすることで、投資効果を増やしていくこともできる。それはわかった。それはわかったが、肝心のその稼いだお金をどう使っていけばいいのか、その本質を捉えることが非常に難しいこともわかった。

 

投資をやっていると、まあ本当に面白いので、現時点で使わないお金を次々に投入してしまう。もちろん銀行に預けていても利子なんてつかないので、賢い手段ではあるとは思うのだが、「お金を増やす」ことにフォーカスしすぎていても良くないと思ったのだ。「その増やしたお金をどうしたいのか?」目的的ではない投資に、自分が今使えるお金の大半をつぎ込んで良いのだろうかという問題である。

 

僕は今0歳の息子がいるので「将来的な教育費用を積み立てる目的で積み立て投資をする」これは良い判断だと思う。非常に目的的だ。子供の教育費用なので、元本が大きく割れてしまっても困る。確実に、リスクを抑え、時間をかけて分散投資する。これは非常にわかりやすく、合理的な考え方だ。「子供が何歳までにいくら欲しいので、元本から何%増やしたいが為に投資する」論理的だよね。

 

じゃあそれ以外は?それ以外のよくわからない貯蓄の使い方はどうしよう?これが非常に困る。全部投資すればいいのか?否だ。「今、自分の歳で良いお金の使い方はなんだろう?」とすごく悩む。旅行に行こうとか、良い物を買おうとか、自分に投資しようとか。今自分が持っている時間を一番有効に使うためのお金の使い方ってなんだ?

 

自分のライフステージについて真剣に考え、どのタイミングでどれぐらいお金を使い方いのか、その計画をまず立てないことには、本当に価値のある投資なんてできっこないし、良い時間の使い方やお金の使い方はできないのではないか...と僕は最近思うのだ。真剣に、そう思うのだ。